抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ
CALISTO Comparison of Arixtra in Lower Limb Superficial Vein Thrombosis with Placebo
結論 急性症候性下肢表在性静脈血栓症患者において,fondaparinux 2.5mg,1日1回投与は有用で,重篤な副作用も認められなかった。

目的 深部静脈血栓症(DVT),肺塞栓症(PE)を併発していない急性症候性下肢表在性静脈血栓症に対する抗凝固療法の有効性,安全性は確立されていない。本試験では,同患者に対するfondaparinux予防用量の有効性,安全性を検討する。有効性の一次エンドポイント:47日の全死亡,症候性PE(肺換気血流スキャン,ヘリカルCT,肺血管造影,剖検により確認),症候性DVT(超音波検査,静脈造影により確認),下肢表在性静脈血栓症の大伏在大腿静脈接合部への症候性の進展または症候性再発(超音波検査により確認)の複合。安全性の一次エンドポイント:大出血。
デザイン ランダム化,二重盲検,プラセボ対照試験。intention-to-treat解析。NCT00443053。
セッティング 多施設(171施設),17ヵ国。
期間 登録期間は2007年3月~2009年5月。治療期間は45日間。
対象患者 3002例。18歳以上で,圧迫超音波検査で5cm以上の急性症候性下肢表在性静脈血栓症が確認された患者。入院,非入院の別は問わなかった。
【除外基準】発症からランダム割付までの期間が3週間以上;6ヵ月以内に癌の治療を受けている;症候性/無症候性DVT,症候性PE,硬化療法/静脈カテーテル留置にともなう,または大伏在大腿静脈接合部から3cm以内の表在性静脈血栓症;3ヵ月以内の表在性静脈血栓症の既往または6ヵ月以内のDVT/PEの既往;当該の表在性静脈血栓症の治療として48時間以上の抗血栓薬投与(aspirin≦325mg以外)または72時間以上の非ステロイド性抗炎症薬投与を受けている;大伏在大腿静脈接合部の結紮または静脈瘤のストリッピングを必要とする;3ヵ月以内の大手術および出血傾向をもたらす状態(重篤な肝障害,クレアチニンクリアランス<30mL/分,血小板数<10万/mm3)など。
【患者背景】平均年齢はfondaparinux群57.1±13.3歳,プラセボ群56.9±13.6歳。各群の女性64.8%,62.9%。BMI 29.2±5.2,29.0±5.4。病状:静脈瘤88.6%,88.6%,表在性静脈血栓症既往11.9%,11.9%,DVTまたはPE既往7.0%,6.9%,心血管疾患4.7%,4.4%,心不全または呼吸不全:慢性4.7%,5.9%,急性0.3%,0.1%。
治療法 超音波検査から48時間以内にfondaparinux群(1502例。2.5mg,1日1回皮下投与)またはプラセボ群(1500例)にランダム化。
患者には段階的圧迫ストッキングの使用を奨励。acetaminophenまたは局所非ステロイド性抗炎症薬の使用は許可した。経口抗血小板薬,低用量aspirin(≦325mg)はできるかぎり中止とした。dextran,血栓溶解薬,抗血小板薬併用,325mg/日以上のaspirin,GP IIb/IIIa受容体阻害薬,経口非ステロイド性抗炎症薬,ヘパリン/ヘパリノイド外用薬の試験期間中の使用は禁止された。
追跡完了率 75±2日間の追跡終了はfondaparinux群98.6%,プラセボ群97.8%。
結果

●評価項目
一次エンドポイントはfondaparinux群13例(0.9%)と,プラセボ群88例(5.9%)に比し抑制された(RR 0.15,95%CI 0.08-0.26,p<0.001)。
各要素は以下の通りであった。
死亡:2例(0.1%)vs. 1例(0.1%)(p=1.00)。
PE:0例(0%)vs. 5例(0.3%)(p=0.03)。
DVT:3例(0.2%)vs. 18例(1.2%)(p<0.001)。
下肢表在性静脈血栓症の大伏在大腿静脈接合部への進展:4例(0.3%)vs. 51例(3.4%)(p<0.001)。
下肢表在性静脈血栓症再発:5例(0.3%)vs. 24例(1.6%)(p<0.001)。

●有害事象
47日の大出血は両群とも1例(0.1%)であった(p=1.00)。

文献: Decousus H, et al.; CALISTO Study Group. Fondaparinux for the treatment of superficial-vein thrombosis in the legs. N Engl J Med 2010; 363: 1222-32. pubmed
関連トライアル APOLLO, ARTEMIS, Botticelli, EQUINOX, Kucher N et al, Matisse Study, OASIS-5 and 6, ODIXa-HIP, PREPIC, PREVENT 2004, RECORD1, RECORD3, REVERSE, THRIVE, THRIVE III, van Gogh Studies prophylaxis
関連記事