抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ
Kim WJ et al Differential effect of previous antiplatelet use on stroke severity according to stroke mechanism
結論 抗血小板薬前投与が脳卒中重症度に及ぼす影響は脳卒中のメカニズムにより異なり,少なくとも大血管アテローム硬化では重症度を低下させる。
コメント 抗凝固療法中の心原性脳塞栓症は,抗凝固療法非施行中の発症例と比較すると,症状が軽く梗塞巣が小さいことが知られている。本研究では同様の関係が抗血小板療法中のアテローム血栓性脳梗塞で示されており,アテローム血栓性脳梗塞予防における抗血小板療法の意義付けが,発症や再発の予防のみならず,発症時症候の軽減効果にもあることを明らかにした点で興味深い論文である。(矢坂正弘

目的 抗血小板薬前投与が脳卒中の重症度に及ぼす影響については議論となっている。本研究では,抗血小板薬前投与が初期脳卒中重症度(National Institute of Health stroke scale(NIHSS)スコア)に及ぼす影響を脳卒中病型(TOAST分類)により検討する。
デザイン 前向き登録研究。
セッティング 単施設,韓国。
期間 登録期間は2004年1月~2008年8月。
対象患者 1622例。発症後1週間以内に入院した急性虚血性脳卒中患者連続例で,脳卒中病型(TOAST分類)が大血管アテローム硬化,小血管閉塞,心原性脳塞栓症の者。病型は拡散強調MRIにより評価。
【除外基準】脳卒中発症時に経口抗凝固薬を使用。
【患者背景】平均年齢は抗血小板薬前投与群69.52±10.15歳,非投与群66.36±12.76歳(p<0.001)。各群の男性56.3%,59.2%。既往症:一過性脳虚血発作8.4%,5.0%(p=0.010),脳卒中37.6%,12.2%(p<0.001),高血圧74.5%,56.8%(p<0.001),糖尿病39.2%,25.3%(p<0.001),高脂血症19.8%,15.2%(p=0.022),心房細動18.0%,11.1%(p<0.001)。脳卒中前のmodified Rankin Score(mRS)p<0.001)0:59.1%,85.1%,1:11.4%,3.8%,2:8.7%,4.7%,3:12.9%,3.8%,4:5.4%,1.6%,5:2.5%,1.0%。血栓溶解療法10.2%,9.9%。発症から入院までの時間12.5時間(3.7~43.4),12.5時間(3.7~43.5)。TOAST分類(p<0.001):小血管閉塞24.5%,29.1%,大血管アテローム硬化47.6%,51.6%,心原性脳塞栓症28.0%,19.3%。
治療法 虚血性脳卒中発症前7日以内に抗血小板薬を使用していた患者(490例)と使用していなかった患者(1132例)を比較。
抗血小板薬前投与群における使用薬剤はaspirin 310例(63.3%),clopidogrel 33例(6.7%),triflusal 15例(3.1%),cilostazol 8例(1.6%),ticlopidine 4例(0.8%),aspirin+clopidogrel 98例(20.0%),aspirin+cilostazol 11例(2.2%),aspirin+triflusal 7例(1.4%),aspirin+ticlopidine 4例(0.8%)。
追跡完了率 100%。
結果

●評価項目
多変量解析により,抗血小板薬前投与とTOAST分類との相互作用が認められた(p=0.023)。
ベースライン時のNIHSSスコアは,大血管アテローム硬化の症例では抗血小板薬前投与群の方が非投与群に比し低かったが,小血管閉塞,心原性脳塞栓症の症例では有意差は認められなかった。
(数値は幾何平均値および中央値[IQR])
大血管アテローム硬化:抗血小板薬前投与群4.78(95%CI 4.34-5.28),4(2-6),非投与群5.55(95%CI 5.20-5.93),5(2-9)(p<0.001)。
小血管閉塞:3.94(95%CI 3.53-4.40),3(2-5)vs. 3.67(95%CI 3.45-3.91),3(2-4)(p=0.432)。
心原性脳塞栓症6.35(95%CI 5.44-7.40),6(3-12.5)vs. 6.53(95%CI 5.76-7.41),6(2-15)(p=0.294)。

●有害事象

文献: Kim WJ, et al. Differential effect of previous antiplatelet use on stroke severity according to stroke mechanism. Stroke 2010; 41: 1200-4. pubmed
関連トライアル BAT, CISRS, PREVAIL subanalysis, PRoFESS acute ischemic stroke, SAINT postthrombolysis ICH, SAMURAI, Schellinger PD et al, SITS-ISTR antiplatelet therapy, SITS-MOST multivariable analysis, SUMO
関連記事