抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ
TRITON-TIMI 38 CYP2C19 genotype
結論 TRITON-TIMI 38試験の統合データより,CYP2C19遺伝子型は,prasugrelの方がclopidogrelより高いベネフィットが得られる,あるいは臨床転帰が同等である症例を識別できることが示唆された。
コメント 本研究はTRITON-TIMI 38試験のサブ解析である。CYP2C19の遺伝子型が判明した症例数2914例は全体の20%程度にすぎない。薬効と遺伝子型の関係を評価しようというチャレンジは重要であるが,本研究単独の科学的意義は乏しい。(後藤信哉

目的 TRITON-TIMI 38試験において,prasugrelはclopidogrelに比し,PCI施行を受ける不安定狭心症または非ST上昇型心筋梗塞患者の心筋梗塞リスクを抑制したが,出血リスクは上昇した。CYP2C19機能低下遺伝子型はclopidogrelの臨床反応と関連することが判明しているが,prasugrelについては不明である。本論文では,同試験のデータを用い,CYP2C19高代謝患者(EM)または低代謝患者(RM)において,prasugrelおよび clopidogrelの正味の臨床ベネフィットを検討する。
デザイン 本論文はTRITON-TIMI 38試験の二次解析。
セッティング
期間
対象患者 2914例。TRITON-TIMI 38試験対象患者(PCI施行を予定された中等度~高リスクのACS患者)のうち,CYP2C19遺伝子型が判明した症例。
【除外基準】―
【患者背景】―
治療法 TRITON-TIMI 38試験はprasugrel(負荷用量60mg,維持用量10mg/日)またはclopidogrel(負荷用量300mg,維持用量75mg/日)を6~15ヵ月投与。
追跡完了率 100%。
結果

●評価項目
CYP2C19遺伝子型が判明した2914例のうち,CYP2C19高代謝患者(EM)は72%,低代謝患者(RM)は28%であった。
モンテカルロシミュレーションによると,一次エンドポイント(冠血管死,非致死的MI,非致死的脳卒中)は,CYP2C19 EM患者ではprasugrel群9.6%(95%CI 8.3-10.8)vs. clopidogrel群9.8%(95%CI 8.3-11.3)(RR 0.98,95%CI 0.80-1.20)で同等であったが,RM患者では8.5%(95%CI 6.2-11.4)vs. 15.0%(95%CI 11.6-18.8)(RR 0.57,95%CI 0.39-0.83)とprasugrel群で抑制された。
冠血管死,非致死的MIも同様に,EM患者では有意差は認められなかったが,RM患者ではprasugrel群で抑制された。
冠血管死;EM患者:1.9%(95%CI 1.2-2.5)vs. 0.9%(95%CI 0.3-1.7)(RR 2.07,95%CI 0.96-5.66),RM患者:1.6%(95%CI 0.6-3.2)vs. 4.2%(95%CI 2.2-6.1)(RR 0.36,95%CI 0.13-0.96)。
非致死的MI;EM患者:7.4%(95%CI 6.4-8.5)vs. 8.3%(95%CI 7.0-9.6)(RR 0.89,95%CI 0.72-1.11),RM患者:6.2%(95%CI 4.2-8.5)vs. 11.6%(95%CI 8.7-14.8)(RR 0.53,95%CI 0.34-0.81)。

●有害事象
大/小出血はEM患者:4.7%(95%CI 3.7-5.7) vs. 3.4%(95%CI 2.6-4.2)(RR 1.38,95%CI 1.00-1.93),RM患者:5.5%(95%CI 3.6-8.1)vs. 3.5%(95%CI 2.0-5.5)(RR 1.60,95%CI 0.8-3.1)。

文献: Sorich MJ, et al. Prasugrel vs. clopidogrel for cytochrome P450 2C19-genotyped subgroups: integration of the TRITON-TIMI 38 trial data. J Thromb Haemost 2010; 8: 1678-84. pubmed
関連トライアル AFIJI CYP2C19, EXCELSIOR CYP2C19, FAST-MI CYP2C19 and PPI, FAST-MI genetic determinants, Mega JL et al, PCI-CLARITY, PRINCIPLE-TIMI 44, Sibbing D et al (2009, Eur Heart J), Sibbing D et al(2010), TRILOGY ACS secondary analysis , TRITON-TIMI 38, TRITON-TIMI 38 diabetes, TRITON-TIMI 38 early and late benefits, TRITON-TIMI 38 PCI
関連記事