抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ
EARLY
結論 脳卒中発症後24時間以内の早期のaspirin+徐放性dipyridamole併用による障害予防は,7日後以降の後期併用と同様に有用かつ安全のようである。

目的 脳卒中急性期の至適抗血小板療法については明確となっていない。本研究では,脳卒中または一過性脳虚血発作(TIA)発症後のaspirin+徐放性dipyridamole併用について,24時間以内の併用開始(早期併用)の有効性および安全性を,aspirinを7日間単独投与後の併用開始(後期併用)と比較する。一次エンドポイント:90日目の機能的神経学的状態(電話インタビューによるmRS:tele-mRS)。複合エンドポイント:最初の7日間,8日目~90日目の血管有害事象(非致死的脳卒中,TIA,非致死的心筋梗塞,大出血)および死亡。
デザイン PROBE(prospective,randomized,open,blinded-endpoint),intention-to-treat解析。 NCT00562588。
セッティング 多施設(46施設),ドイツ。
期間 治療期間は2007年7月~2009年2月。
対象患者 543例。試験開始時の対象患者は神経学的欠損(National Institute of Health stroke scale[NIHSS]スコア5~20)を呈した18歳以上の急性虚血性脳卒中患者としていたが,登録開始後4ヵ月の登録の遅れのため,軽症脳卒中も対象に含めることとした(NIHSS≦20)。
【除外基準】CTにて頭蓋内出血を確認,血栓溶解療法の適応,抗血小板療法の禁忌(活動性の胃/十二指腸潰瘍,出血性疾患など),抗凝固療法の適応,他の抗血小板薬投与中,aspirin 100mg/日以上投与中,clopidogrel投与中またはその予定など。
【患者背景】年齢中央値(IQR)は早期併用群68.0(27~95)歳,後期併用群69.0(24~90)歳。男性61%,63%。合併症;高血圧72%,76%,糖尿病22%,26%,脂質異常症36%,31%,心房粗動/細動1%,2%,うっ血性心不全2%,5%,脳卒中既往16%,12%。開始時のmRSスコア2(0~5),2(0~5),開始時のNIHSSスコア3(0~15),3(0~20)。
治療法 症状発現後24時間以内に早期併用群(283例)*1,後期併用群(260例)*2にランダム化し,治療を開始した。
*1:症状発現後24時間以内にaspirin 25mg+徐放性dipyridamole 200mg,1日2回経口投与を開始し,90日間継続。
*2:最初の7日間はaspirin 100mgを1日1回経口投与,8日目~90日目はaspirin 25mg+徐放性dipyridamole 200mg,1日2回経口投与。
必要な場合,試験薬は経鼻胃チューブを用いて投与された。入院前および入院時の抗血栓薬前投与は可とした。
追跡完了率 100%。
結果

●評価項目
一次エンドポイント(90日の転帰良好,tele-mRS 0~1)は早期併用群154例(56.4%),後期併用群133例(52.4%)と有意差は認められなかった(絶対差4.1%,95%CI -4.5-12.6,p=0.45)。
90日のtele-mRSの分布も同等であった(OR 1.07,95%CI 0.78-1.46,p=0.68)。
複合エンドポイントも28例(10%)vs 38例(15%)と有意差は認められなかった(HR 0.73,95%CI 0.44-1.19,p=0.20)。内訳は,非血管死1例(<1%)vs 1例(<1%),血管死4例(1%)vs 3例(1%),非致死的脳卒中16例(6%)vs 26例(10%),TIA 4例(1%)vs 6例(2%),非致死的MI 2例(<1%)vs 1例(<1%),大出血1例(<1%)vs 1例(<1%)。
<7日では11例 vs 16例であった。

●有害事象

文献: Dengler R, et al.; for the EARLY investigators. Early treatment with aspirin plus extended-release dipyridamole for transient ischaemic attack or ischaemic stroke within 24 h of symptom onset (EARLY trial): a randomised, open-label, blinded-endpoint trial. Lancet Neurol 2010; 9: 159-66. pubmed
関連トライアル AAASPS 2003, Acheson J et al, APPRAISE, ARISTOTLE previous stroke/TIA, ATLAS ACS-TIMI 46 , AVERROES previous stroke/TIA, CASISP, CAST, CHANCE, CHARISMA stroke severity, Chesebro JH et al 1982, CSPS 2, DAC, Dutch-TIA Trial, EAFT 1993, ECASS III additional outcomes, ESPRIT , ESPRIT 2006, ESPS-2 1996, FASTER, IST 1997, JASAP, Koton S et al, Martí-Fàbregas J et al, MATCH, McCollum C et al, PERFORM, PREVAIL, PRoFESS, PRoFESS acute ischemic stroke, PRoFESS disability and cognitive function, PRoFESS post hoc analysis, 急性脳梗塞/TIA患者への抗血小板療法:2剤併用療法と単剤療法の比較(2013), 脳卒中/TIA既往患者におけるaspirin+dipyridamole併用とaspirin単独投与の比較
関連記事