抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ
メタ解析
ultrasound-enhanced thrombolysisの安全性および有効性
Safety and efficacy of ultrasound-enhanced thrombolysis: a comprehensive review and meta-analysis of randomized and nonrandomized studies
結論 高周波数超音波併用血栓溶解療法はtPA静注療法に比し,安全で,高い完全再開通率をもたらすと考えられ,今後ランダム化試験における検討を考慮すべきである。
コメント 新たな再灌流療法として注目される超音波併用血栓溶解療法の現時点での安全性,有効性がレビューされており,大規模ランダム試験のための条件設定の方向性が明らかにされつつある。(岡田靖

目的 ultrasound-enhanced thrombolysis(UET)は虚血性脳卒中の再灌流を促進する有望な新しいアプローチであり,今までのところ,経頭蓋ドプラ(TCD),transcranial color-coded duplex(TCCD),low-frequency ultrasound(LFUS)の3種類の技術がtPAの血栓溶解作用を高めるために使われている。本論文では,UETの安全性および有効性を現行の標準的治療(tPA静注)と比較して評価する。
方法 PubMed,Embase,Cochrane databaseにて,1996年1月~2008年7月に出版された論文について,UETの有効性および安全性に関する研究(ランダム化/非ランダム化の両方)を,次の3段階で検索した。(1)検索語:“ultrasound-enhanced thrombolysis”OR“sonothrombolysis”OR“ultrasound AND thrombolysis”OR“ultrasound AND tissue plasminogen activator”を用い検索し,(2)検索語:“stroke”かつ/または “cerebrovascular diseases”を追加,(3)tPA動脈内投与,椎骨脳底動脈系への超音波法として微小気泡(μS)の動脈内注入下の経大後頭孔超音波照射,alteplase以外の血栓溶解薬(tenecteplaseなど)を含む研究を除外した。解析対象研究の参考文献一覧,関連文献のサーチも行った。国際的な脳卒中学会での発表,査読のある雑誌でのアブストラクトでの出版も解析に含めた。
対象 9試験(416例。ランダム化試験6件,224例+非ランダム化試験3件,192例)が該当。
超音波法:TCDを用いた試験:4件,TCCDを用いた試験:4件,LFUSを用いた試験:1件(phase II,症候性頭蓋内出血発生率がきわめて高かったため中止となった)。
症例数:tPA:105例,tPA+TCD±μS:78例,tPA+TCCD±μS:27例,tPA+LFUS:14例。
主な結果 ・ランダム化試験における症候性脳内出血発生率
症候性脳内出血発生率はtPA+TCD群3.8%(95%CI 0-11.2),tPA+TCCD群11.1%(95%CI 0-28.9),tPA+LFUS群35.7%*(95%CI 16.2-61.4),tPA単独群2.9%(95%CI 0-8.4)であった。異なる超音波法を用いた試験間において不均一性が認められた(p=0.002)。
*p=0.002(vs tPA+TCD群),p<0.001(tPA単独群)

・ランダム化試験における完全再開通率
 完全再開通率はtPA+TCD群37.2%(95%CI 26.5-47.9)と,tPA単独群17.2%(95%CI 9.5-24.9)に比し高かった。tPA+TCCD群は26.9%(95%CI 9.9-44.0)。

[高周波数超音波併用血栓溶解療法(tPA+TCD/TCCD)を用いた8試験における検討(症例数:294例)]
・完全再開通率
tPA+TCD/TCCDはtPA単独に比し,完全再開通率上昇と関連していた(pooled OR 2.99,95%CI 1.70-5.25,p=0.0001)。試験間の不均一性は認められなかった(p=0.45)。
・症候性脳内出血リスク
 tPA+TCD/TCCDはtPA単独に比し,症候性脳内出血リスク上昇と関連していなかった(pooled OR 1.26,95%CI 0.44-3.60,p=0.67)。試験間の不均一性は認められなかった(p=0.48)。
・3ヵ月後の機能的自立(mRS 0~1)
 tPA+TCD/TCCDはtPA単独に比し,機能的自立増加と関連していた(pooled OR 2.09,95%CI 1.17-3.71,p=0.01)。試験間の不均一性は認められなかった(p=0.71)。
文献: Tsivgoulis G, et al. Safety and efficacy of ultrasound-enhanced thrombolysis: a comprehensive review and meta-analysis of randomized and nonrandomized studies. Stroke 2010; 41: 280-7. pubmed
関連トライアル Alshekhlee A et al, Bray BD et al, CLOTBUST , GWTG-Stroke Registry risk of sICH, Kellert L et al, SAINT postthrombolysis ICH, Saqqur M et al, Schellinger PD et al, Singer OC et al, SITS-ISTR antiplatelet therapy, SITS-MOST multivariable analysis, TIMI 10B, Toni D et al, Tutuncu S et al, 虚血性脳卒中患者に対するIV/IA併用療法, 虚血性脳卒中患者に対する動注血栓溶解療法の有用性, 血栓溶解療法後の頭蓋内出血, 前方循環閉塞に対する血栓溶解療法, 灌流/拡散ミスマッチに基づいた遅延血栓溶解療法, 頸動脈解離による虚血性脳卒中に対する血栓溶解療法
関連記事