抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ
Olson KL et al Incidence of hemorrhage among anticoagulated patients receiving antiplatelet therapy after percutaneous coronary intervention
結論 ステント植込み後の患者において,抗血栓薬3剤併用(aspirin+clopidogrel+warfarin)は同2剤併用(aspirin+clopidogrel)に比し,出血事象発生の可能性が大幅に高かった。

目的 ステント植込み施行患者における大出血事象発生率を,退院時の薬物療法により抗血栓薬3剤併用(aspirin+clopidogrel+warfarin),同2剤併用(aspirin+clopidogrel)で比較。一次エンドポイント:ステント植込み後12ヵ月以内の大出血(入院または緊急搬送を要する)。二次エンドポイント:主要有害心臓事象(MACE;AMIの初発,心血管死,CABG,初回PCI後12ヵ月以内のPCI再施行[ステント植込みの有無は問わない])。
デザイン 後ろ向きコホート研究。
セッティング 米国。
期間 観察期間は12ヵ月。
対象患者 514例。18歳以上,2003年9月1日~2006年12月30日にステント植込み(BMSまたはDESのいずれか。両方の場合は除外)を受け,手技から30日以内にaspirinおよびclopidogrelかつ/またはwarfarin使用を開始したKaiser Permanente(48万人以上の会員を擁する非営利総合医療団体)の患者。
【除外基準】整形外科手術後,静脈血栓塞栓症予防のためのwarfarin投与。
【患者背景】平均年齢は3剤併用群66.3±10.9歳,2剤併用群66.0±10.9歳。各群の男性64.0%,67.6%。BMS使用19.4%,16.8%。aspirinの用量;81mg:94.3%,77.3%(p<0.001),162mg:1.7%,2.4%,325mg:4.0%,20.4%(p<0.001)。リスク因子;糖尿病25.1%,23.6%,高血圧47.4%,49.6%,うっ血性心不全16.7%,14.6%(p<0.001)。
治療法 薬剤管理データベースにより,3剤併用群(175例。aspirin+clopidogrel+warfarin)と2剤併用(339例。aspirin+clopidogrel)に分類。3剤併用群の患者の年齢,性別,ステントの種類について,2剤併用群の患者(2例まで)と合致させた。3剤併用群では薬剤師による抗凝固および心血管疾患管理が行われた。
追跡完了率
結果

●評価項目
期間中ステント植込みを受けたのは1784例,そのうちaspirinおよびclopidogrel投与を受けた候補者は1054例(59%)であった。このうち3剤併用群175例を2剤併用群339例に合致させた。
出血事象の発生は3剤併用群25例(14.3%)と,2剤併用群10例(3%)に比し多かった(補正後OR 9.0,95%CI 3.1-26.1)。
内訳は,鼻出血9例(36%)vs 1例(10%),消化管8例(32%)vs 7例(70%),血腫1例(4%)vs 1例(10%),血尿1例(4%)vs 1例(10%),頭蓋内3例(12%)vs 0例,その他3例(12%)vs 0例。
MACEの発生は3剤併用群27例(15.4%)と,2剤併用群31例(9.1%)に比し多かった(補正後OR 2.0,95%CI 1.1-3.8)。
内訳は,非致死的MI 0例 vs 3例(9.8%),心血管死4例(14.8%)vs 1例(3.2%),CABG 9例(33.3%)vs 8例(25.8%),PCI 14例(51.9%)vs 19例(61.3%)。

●有害事象

文献: Olson KL, et al. Incidence of hemorrhage among anticoagulated patients receiving antiplatelet therapy after percutaneous coronary intervention. J Thromb Thrombolysis 2010; 29: 316-21. pubmed
関連トライアル CREDO, Denas G et al, GRACE warfarin and antiplatelet therapy, Moussa I et al, MUSICA , STARS, TRITON-TIMI 38, TRITON-TIMI 38 PCI
関連記事