抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ
メタ解析
脳梗塞患者に対する血栓溶解療法施行率における性差
Sex Differences in the Use of Intravenous rt-PA Thrombolysis Treatment for Acute Ischemic Stroke
結論 試験間に有意な不均一性がみられたものの,女性の脳梗塞患者に対する血栓溶解療法施行率は,男性に比し一貫して低い。
コメント 近年,脳卒中医療における性差が注目されており,本論文は膨大なデータベースから女性に対する静注血栓溶解療法の実施率が男性より有意に低いことを明らかにした。解析した研究間に不均一性があるものの,年齢,重症度,合併症を調整しても性差が存在する。今後の実施エントリー基準や禁忌事項のより詳細な検討や女性に対する脳卒中医療の啓発や体制作りに参考となる研究である。(岡田靖

目的 女性の脳梗塞患者に対する血栓溶解療法施行率は男性に比し低いとされているが,システマティックレビュー,メタ解析は行われていない。本論文では,血栓溶解療法施行率に性差が認められるか検討する。
方法 MEDLINE,EMBASE,ISI Web of Scienceにて,1995年1月-2008年3月に出版された論文について,検索語;“cerebrovascular accident[MeSH]or stroke, AND”“r-tPA or tPA or thrombolytics or thrombolysis, AND”“sex, sex factors, sex ratio or sex distribution”を用い,脳梗塞患者に対する血栓溶解療法の男女別の施行率がわかる論文を検索。参考文献一覧のハンドサーチも行った。
対象 2320255例(男性1047815例,女性1272410例。うちrt-PA投与は男性13490例,女性8013例)。
18試験*1が該当(単施設5,多施設6,登録研究4,管理データベース3)。
*1 Arrich J et al(2008) Barroso B et al(2007) Bray JE et al(2006) Brown DL et al(2004) Foerch C et al(2007) Heuschmann PU et al(2004) Johnston SC et al(2001) Kapral MK et al(2005) Katzan IL et al(2000) Qureshi AI et al(2005) Reed SD et al(2001) Reid JM et al(2008) Schmacher HC et al(2007) Schwammenthal Y et al(2004) Walters MR et al(2005) Weimar C et al(2006) Deng YZ et al(2006) Kathan IL et al(2004)
主な結果 ・rt-PA静注施行率
全体では,rt-PA静注施行率のオッズ比(OR)は0.70(95%CI 0.55-0.88)と,女性の方が低かった。試験間には不均一性が認められた(p<0.001,I 2=97%)。

[試験デザインごとの解析]
・病院ベースの13試験の解析
rt-PA静注施行率のORは0.78(95%CI 0.71-0.86)と女性の方が低かった。試験間の不均一性は認められなかった(p=0.13,I 2=1.2%)。
・管理データベースの3試験の解析
 rt-PA静注施行率のORは0.55(95%CI 0.34-0.90)と女性の方が低かった。試験間には不均一性が認められた(p≦0.001,I 2=99%)。この結果は1試験(Qureshi AI et al,2005)のORが0.39と低く,また対象患者が非常に多いためと考えられた。この試験を除外した場合のORは0.75(95%CI 0.69-0.82)であった。
・rt-PA投与適格者を対象とした4試験の解析
 症状発現の3時間以内に病院に到着し,禁忌がなかった患者を対象とした4試験*2におけるrt-PA静注施行率のORは0.81(95%CI 0.58-1.13)と,女性の方が低かったが,有意差は認められなかった。試験間の不均一性は認められなかった(p=0.15)。この結果は規模の大きい1試験(Foerch C et al,2007)のORが0.97と性差が認められなかったためと考えられた。この試験を除外した場合のORは0.67(95%CI 0.44-1.02)と有意水準にわずかに届かなかった。
*2:Deng YZ et al(2006),Foerch C et al(2007),Johnston SC et al(2001),Kathan IL et al(2004)
文献: Reeves M, et al. Sex differences in the use of intravenous rt-PA thrombolysis treatment for acute ischemic stroke: a meta-analysis. Stroke 2009; 40: 1743-9. pubmed
関連トライアル Alshekhlee A et al, Béjot Y et al, ECASS III additional outcomes, ECASS-II blood pressure, IPSS antithrombotic treatments, PRACTISE gender difference, PREVAIL subanalysis, rtPA血栓溶解療法の転帰における性差, SAINT postthrombolysis ICH, SITS-ISTR blood pressure, SUMO, Toni D et al
関連記事