抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ
PRoFESS disability and cognitive function
結論 脳梗塞再発による身体障害および認知能力の低下は,低用量aspirin+徐放性dipyridamole併用(ASA-ERDP)およびclopidogrel単独投与間に有意差は認められず,またtelmisartanの予防的投与にも影響を受けなかった。

目的 本論文は,PRoFESS試験(N Engl J Med 2008; 359: 1238-51)において抗血小板薬およびtelmisartanの神経保護的効果を検討。本論文のエンドポイント:脳梗塞再発3ヵ月後の身体障害(modified Rankin Score[mRS]Barthel Index),ランダム化1ヵ月後および最後から2番目の来院時の認知機能(ミニメンタル・ステート検査;MMSE)。
デザイン ランダム化,二重盲検,2×2 factorial,intention-to-treat解析。NTC00153063。
セッティング 多施設(695施設),35ヵ国。
期間 登録期間は2003年9月-2006年7月。追跡期間中央値は2.44年。
対象患者 20332例。脳梗塞を90日以内に発症した55歳以上の患者。さらに50-54歳の症例,および脳梗塞発症後90-120日であっても複数の血管リスク因子(糖尿病,高血圧,当該脳卒中発症時の喫煙,肥満[BMI≧30],血管性疾患の既往[脳卒中,心筋梗塞,末梢性動脈疾患],末期臓器障害[網膜症,左室肥大,微量アルブミン尿],脂質異常症)を有する症例の登録を可とした。
【除外基準】―
【患者背景】平均年齢はASA-ERDP群66.1±8.6歳,clopidogrel群66.2±8.5歳,telmisartan群66.1±8.6歳,プラセボ群66.2±8.6歳。女性は全群36%。脳梗塞発症からランダム化までは全群15日(中央値)。TOAST分類による脳卒中病型は,大血管アテローム血栓:29%,28%,29%,29%,心原性脳塞栓:全群2%,小血管閉塞:全群52%,その他の原因による急性脳卒中:全群2%,原因不明:15%,16%,15%,16%。
治療法 ASA-ERDP群(10181例。aspirin 25mg+徐放性dipyridamole 200mg,各1日2回)およびclopidogrel群(10151例。75mg/日)にランダム化。
同時に,降圧治療の背景のもとtelmisartan 群(10146例。80mg/日)およびプラセボ群(10186例)にランダム化。
PRoFESS試験は2027例が割り付けされた後,aspirin+clopidogrel併用群の出血リスクが上昇したMATCH試験(Lancet 2004; 364: 331-7)の結果を受け,aspirin+dipyridamole併用およびclopidogrel単独投与の比較に切り替えられた。
追跡完了率
【脱落理由】―
結果

●評価項目
脳卒中再発はASA-ERDP群916例(9%)vs clopidogrel群898例(9%)(HR 1.01,95%CI 0.92-1.11,p=0.78),telmisartan群880例(9%)vs プラセボ群934例(9%)(HR 0.95,95%CI 0.86-1.04,p=0.23)といずれも有意差は認められなかった。
3ヵ月後のmRS,Barthel Index,MMSEはいずれも有意差は認められなかった。3ヵ月後のmRS はASA-ERDP群 vs clopidogrel群(p=0.38); 0:7.8% vs 8.8%,1:21.7% vs 28%,2:20.2% vs 15.2%,3:17.9% vs 15.2%,4:13.6% vs 13%,5:6% vs 4%,6:13.1% vs 15.8%。telmisartan群vs プラセボ群(p=0.61);mRS 0:8.4% vs 7.9%,1:24.8% vs 25.4%,2:17% vs 18.4%,3:16.1% vs 15%,4:11.7% vs 14.8%,5:5.2% vs 4.9%,6:15.3% vs 13.6%。
Barthel Index スコア0-90はASA-ERDP群472例(57%)vs clopidogrel群446例(54%)(RR 1.06,95%CI 0.97-1.15,p=0.21)。telmisartan群450例(56%)vs プラセボ群468例(56%)(RR 1.02,95%CI 0.93-1.11,p=0.72)。
1ヵ月後のMMSEスコア≦24(認知機能障害あり)はASA-ERDP群1663例(18%)vs clopidogrel群1667例(18%)(RR 1.01,95%CI 0.95-1.07)。telmisartan群1666例(18%)vs プラセボ群1664例(18%)(RR 1.00,95%CI 0.94-1.07)。最後から2番目の来院時のMMSEスコア≦24はASA-ERDP群1165例(15%)vs clopidogrel群1175例(15%)(RR 1.02,95%CI 0.94-1.10)。telmisartan群1178例(15.2%)vs プラセボ群1162例(15%)(RR 1.01,95%CI 0.94-1.09)。
1ヵ月後から最後から2番目の来院時の間のMMSEスコア3ポイント以上の低下はASA-ERDP群764例(10%)vs clopidogrel群863例(11%)(RR 0.91,95%CI 0.83-1.00)。telmisartan群795例(11%)vs プラセボ群832例(11%)(RR 0.95,95%CI 0.87-1.05)。

●有害事象

文献: Diener HC, et al.; Prevention Regimen for Effectively Avoiding Second Strokes (PRoFESS) study group. Effects of aspirin plus extended-release dipyridamole versus clopidogrel and telmisartan on disability and cognitive function after recurrent stroke in patients with ischaemic stroke in the Prevention Regimen for Effectively Avoiding Second Strokes (PRoFESS) trial: a double-blind, active and placebo-controlled study. Lancet Neurol 2008; 7: 875-84. pubmed
関連トライアル AAASPS 2003, ACTIVE A, ACTIVE W, CAPRIE 1996, CASPAR , CAST, Chan FK et al, CHANCE, CHARISMA, CHARISMA stroke severity, CREDO, DAC, EARLY, ESPRIT , FASTER, IST 1997, MATCH, PRoFESS, PRoFESS acute ischemic stroke, PRoFESS post hoc analysis, SPS3, SPS3 post hoc analysis, TRITON-TIMI 38 PCI
関連記事