抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ
ARMYDA-PRO Antiplatelet Therapy for Reduction of Myocardial Damage during Angioplasty-Platelet Reactivity Predicts Outcome
結論 経皮的冠動脈形成術(PCI)前の高い血小板反応性は,30日後のイベントを予測する可能性がある。point-of-care(POC)によるclopidogrel投与後の残存血小板反応性の測定は,PCI施行時に個別の抗血小板療法を必要とする患者を同定する一助となるかもしれない。
コメント クロピドグレル服用時の血小板機能が予後予測に役立つことを示した論文である。VerifyNowが抗血小板薬の薬効を正確に反映するか否かの問題がある。薬効標的はP2Y12なので,P2Y12阻害率とVerifyNowの効果および臨床イベント発症率を将来明確にする必要がある。(後藤信哉

目的 血小板阻害のPOC測定がPCI施行後の臨床転帰を予測するかどうか検討。一次エンドポイント:30日後の主要有害心臓事象(MACE;心臓死,MI,標的血管血行再建術)。
デザイン
セッティング 単施設,イタリア。
期間 追跡期間は6ヵ月。
対象患者 160例。非ST上昇型急性冠症候群を含むさまざまな冠症候群患者。
【除外基準】primary PCI,血小板数<7万/μL,出血高リスク,重篤な慢性腎不全(血清クレアチニン>2mg/dL)。
【患者背景】平均年齢は第1四分位群65±12歳,第2四分位群66±10歳,第3四分位群67±8歳,第4四分位群68±10歳。各群の男性75%,80%,73%,95%。糖尿病38%,28%,38%,35%。高コレステロール血症80%,65%,80%,73%。
治療法 clopidogrelは,負荷用量600mgをPCIの6時間前に投与(120例),または75mg/日を5日以上投与(40例)。
clopidogrelはPCI後1ヵ月,ACSおよび薬剤溶出性ステント植込み患者には12ヵ月間投与。全例にaspirin投与。
本試験ではVerifyNowを用いてインターベンション前,8および24時間後に血小板反応性を測定,インターベンション前のPRU値(P2Y12 reaction units,PRU値が低いほどclopidogrelによるP2Y12受容体阻害の程度が高いことを示す)をもとに対象患者を4等分し,比較。
追跡完了率 100%。
結果

●評価項目
40日後の一次エンドポイントは第1四分位群(P2Y12受容体阻害度が高い)3%,第2四分位群5%,第3四分位群10%,第4四分位群(P2Y12受容体阻害度が低い)20%に発生し,第1四分位群と第4四分位群の間に有意差が認められた(p=0.034)。これは主に周術期MIによるものであった。
90日後の一次エンドポイント発生率は,順に10%,13%,17%,30%であった(p=0.05,第1四分位群 vs 第4四分位群)。
周術期MI発症患者の平均PRU絶対値は258±53と,非発症患者219±69に比し高かった(p=0.030)。トロポニンIには有意差がみられなかった(p=0.68)。
多変量解析によると,PCI前のPRU値が第4四分位にあることは30日後のMACE高リスクの予測因子であった(OR 6.1,95%CI 1.1-18.3,p=0.033)。
受信者操作特性曲線(ROC)解析によると,PRU値≧240が30日後のイベントを予測するカットオフ値であった(ROC 0.69;0.56-0.81,p=0.016)。

●有害事象
大出血は発生しなかった。

文献: Patti G, et al. Point-of-care measurement of clopidogrel responsiveness predicts clinical outcome in patients undergoing percutaneous coronary intervention results of the ARMYDA-PRO (Antiplatelet therapy for Reduction of MYocardial Damage during Angioplasty-Platelet Reactivity Predicts Outcome) study. J Am Coll Cardiol 2008; 52: 1128-33. pubmed
関連トライアル ARMYDA-5 PRELOAD, Bonello L et al, CHAMPION PCI, Cuisset T et al, EXCELSIOR CYP2C19, FAST-MI genetic determinants, Mega JL et al, OCLA, PRINCIPLE-TIMI 44, RELOAD, Sibbing D et al (2009, JACC)
関連記事