抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ
Joffe HV et al Upper-extremity deep vein thrombosis: a prospective registry of 592 patients
結論 上肢深部静脈血栓塞栓症(DVT)のリスク因子は,下肢DVTのそれとは異なっていた。

目的 上肢DVTと下肢DVTの疫学,予防法,初期治療を調査,比較。
デザイン 疫学研究。
セッティング 多施設(183施設)。米国。
期間 登録期間は2001年10月-2002年3月。
対象患者 5388例。静脈超音波検査によりDVTと確定診断された,米国DVT患者データベース登録患者。
【除外基準】上肢,下肢併発DVT。
【患者背景】平均年齢は中心静脈カテーテル(CVC)関連上肢DVT群57.2±16.3歳,非CVC関連上肢DVT群59.2±18.2歳,下肢DVT群64.2±16.9歳(p<0.0001 vs非CVC関連上肢DVT群)。
治療法 CVC関連上肢DVT群(324例。DVT診断30日以内にCVCを留置された上肢DVT患者),非CVC関連上肢DVT群(268例。前述以外の上肢DVT患者),下肢DVT群(4796例)に層別化。
追跡完了率
【脱落理由】―
結果

●評価項目
DVTデータベースに登録された5388例のうち,上肢DVTは592例(11%),下肢DVTは4796例(89%)。上肢DVTのうち,CVC関連は324例(55%),非関連は268例(45%)。
CVCの使用は上肢DVTの強い予測因子であった(オッズ比7.3[95%CI 5.79-9.21],p<0.0001)。
67歳未満(オッズ比2.35[95%CI 1.68-3.29],p<0.0001),BMI 25kg/m2未満(オッズ比1.70[95%CI 1.25-2.31],p=0.0007),入院(オッズ比1.56[95%CI 1.15-2.12],p=0.005)は非CVC関連上肢DVTの予測因子であった。

●有害事象

文献: Joffe HV, et al; Deep Vein Thrombosis (DVT) FREE Steering Committee. Upper-extremity deep vein thrombosis: a prospective registry of 592 patients. Circulation 2004; 110: 1605-11. pubmed
関連トライアル ELATE post-thrombotic syndrome
関連記事