抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ
NASPEAF National Study for Prevention of Embolism in Atrial Fibrillation
結論 脳卒中リスクを有する心房細動(AF)患者において,抗血小板薬+中等度の強度の抗凝固薬の併用投与は,標準強度の抗凝固薬単独投与に比し血管イベント発生率を低下させ,出血リスクを上昇させず,安全であると証明された。

目的 リスク因子または僧帽弁狭窄を有するAF患者において,抗血小板薬+抗凝固薬併用,抗血小板薬単独,抗凝固薬単独投与の有効性と安全性を比較。一次エンドポイント:血管死,一過性脳虚血発作(TIA),非致死的脳卒中/全身性塞栓。
デザイン ランダム化,オープン,intention-to-treat 解析。
セッティング 多施設(13施設),スペイン。
期間 登録期間は1995年6月-2000年2月(併用群にて有意なアウトカム改善がみられたため登録を中止し,2001年6月に試験終了)。追跡期間中央値は2.76年。
対象患者 1209例。慢性/確認された発作性AF患者。
【除外基準】SPAF III試験で低リスクに分類される者,60歳未満,人工心臓弁,6ヵ月以内の脳卒中,血清クレアチニン>3mg/dL,治療抵抗性の重症高血圧,びまん性動脈硬化症,非ステロイド性抗炎症薬の適応,抗血小板薬または抗凝固薬の適応/禁忌など。
【患者背景】年齢は高リスク患者各群66.6-67.3歳,中等度リスク患者各群69.6-69.9歳。
治療法 対象患者を高リスク患者(495例。塞栓既往のある非弁膜症例および僧帽弁狭窄合併例)と中等度リスク患者(714例。高リスク患者以外)の2群に層別化。
高リスク患者を抗凝固薬群(259例。acenocoumarolを目標国際標準比[INR]2-3として経口投与),併用群(236例。triflusal 600mg/日+acenocoumarolを目標INR 1.4-2.4として経口投与)の2群に,中等度リスク患者を抗血小板薬群(242例。triflusal 600mg/日投与),抗凝固薬群(237例。acenocoumarolを目標INR 2-3として経口投与),併用群(235例。triflusal 600mg/日+acenocoumarolを目標INR 1.25-2として経口投与)の3群にランダム化。
追跡完了率 脱落は高リスク患者,中等度リスク患者とも各25例。
結果

●評価項目
一次エンドポイントの発生は,高リスク患者(HR 0.51,95%CI 0.27-0.96,p=0.03),中等度リスク患者(HR 0.33,95%CI 0.12-0.91,p=0.02)ともに,併用群は抗凝固薬群に比し低かった。中等度リスク患者では,併用群は抗血小板薬群に比しても低かった(HR 0.24,95%CI 0.09-0.64,p=0.001)。抗血小板薬群は抗凝固薬群より高い傾向にあるが,有意差はなかった(HR 0.72,95%CI 0.37-1.39,p=0.32)。
また中等度リスク患者では,併用群は塞栓症+脳卒中+TIAの発生率が抗血小板薬群に比し低く(HR 0.21,95%CI 0.06-0.74,p=0.01),血管死が抗凝固薬群に比し低かった(0.37例/100人・年 vs 1.98例/100人・年,p=0.01)。一次エンドポイント+大出血についても,併用群は単剤群に比し低かった(vs 抗血小板薬群[HR 0.39,95%CI 0.17-0.87,p=0.02],vs 抗凝固薬群[HR 0.38,95%CI 0.17-0.87,p=0.02])。
抗凝固療法中の非弁膜症例および僧帽弁狭窄合併例における塞栓イベント非発生生存率は,ベースライン時の塞栓既往の有無にかかわらず同様であった。

●有害事象
大出血は42例にみられた(頭蓋内出血14例,消化管出血15例)。
中等度リスク患者では,抗血小板薬群は他2群に比し大出血は有意に少なかったが,抗凝固薬群と併用群では有意差はなかった。

文献: Pérez-Gómez F, et al; NASPEAF Investigators. Comparative effects of antiplatelet, anticoagulant, or combined therapy in patients with valvular and nonvalvular atrial fibrillation: a randomized multicenter study. J Am Coll Cardiol 2004; 44: 1557-66. pubmed
関連トライアル ACE , ACTIVE W, ACTIVE W CHADS2 score, ACTIVE W INR control, ACTIVE W paroxysmal vs sustained, AFASAK 2 1999, AMADEUS, ARISTOTLE, AVERROES, BAT, CARESS, CHARISMA atrial fibrillation, CHARISMA post hoc analysis, EAFT 1993, EAFT 1995, ENGAGE AF-TIMI 48, ESPRIT , HAT 1, Hellemons BS et al, JAST, JNAF-ESP, NASPEAF stratified analysis, NVAFにおける全身性塞栓症予防のためのwarfarin, Pearce LA et al, PROTECT AF, RE-LY concomitant use of antiplatelet, RE-LY risk of bleeding, RELY-ABLE, ROCKET AF renal dysfunction, Sadanaga T et al, SIFA, SPAF III 1996, SPIRIT, SPORTIF INR control, SPORTIF pooled analysis, SPORTIF risk of bleeding, SPORTIF V, Swedish Atrial Fibrillation Cohort Study: net benefit, Torn M et al, Turpie AG et al 1993, WARSS, WAVE, 心血管疾患リスクを有する患者におけるaspirin+OAC併用とOAC単独投与の比較
関連記事