抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ
SPORTIF V Stroke Prevention Using an Oral Thrombin Inhibitor in Atrial Fibrillation
結論 長期抗凝固治療を要する非弁膜症性心房細動(NVAF)患者において,良好にコントロールされたwarfarin治療に比し,ximelagatranはモニタリングを要さず,血栓塞栓症抑制効果が示された。しかし,肝毒性の可能性についてはさらなる検討が必要である。

目的 抗凝固療法を要するNVAF患者において,ximelagatranの脳卒中および全身性塞栓イベント抑制効果をwarfarinと比較。一次エンドポイント:全脳卒中(虚血性,出血性),全身性塞栓イベント。二次エンドポイント:脳卒中+全身性塞栓イベント+死亡+急性心筋梗塞,虚血性脳卒中+一過性虚血発作(TIA)+全身性塞栓,大出血,大出血+小出血。
デザイン ランダム化,二重盲検,非劣性試験(非劣性マージン2%/年),intention-to-treat(ITT)解析およびon-treatment(OT)解析。
SPORTIF試験は,SPORTIF III(ヨーロッパ,アジアなど)とSPORTIF Vからなる。本論文はSPORTIF Vの結果。
セッティング 多施設(409施設)。2ヵ国(米国,カナダ)。
期間 ランダム化期間は2000年8月2日-2001年12月7日。平均追跡期間は20±5.1ヵ月。
対象患者 3922例。持続性/発作性NVAFで,脳卒中の危険因子(脳卒中/TIA/全身性塞栓症の既往,高血圧,左室機能不全[LVEF<40%または症候性うっ血性心不全],75歳以上,65歳以上で冠動脈疾患/糖尿病)を1つ以上有する患者。
【除外基準】―
【患者背景】平均年齢はximelagatran群71.6±9.2歳,warfarin群71.6±9.0歳。
治療法 ximelagatran群(1960例。36mg,1日2回),warfarin群(1962例。国際標準比[INR] 2.0-3.0を維持するように投与量を調節)にランダム化。
aspirinは100mg/日まで,非ステロイド性抗炎症薬は7日/月まで許可。他の抗トロンビン薬は禁止。
追跡完了率 試験完遂例はximelagatran群1658例,warfarin群1675例。
【脱落理由】辞退302例,287例,死亡116例,123例など。
結果

●評価項目
ITT解析による一次エンドポイントは,ximelagatran群51例(1.6%/年)vs warfarin群37例(1.2%/年)にみられた(絶対差0.45%[95%CI -0.13-1.0],p=0.13,非劣性p<0.001)。内訳は虚血性脳卒中45例(1.4%/年)vs 36例(1.1%/年),出血性脳卒中2例(0.1%/年)vs 2例(0.1%/年),全身性塞栓イベント6例(0.2%/年)vs 1例(0.03%/年)。
一次エンドポイント+全死亡は153例(4.8%/年) vs 151例(4.7%/年)にみられた(絶対差0.10%/年[95%CI -0.97-1.2%/年],p=0.86)。うち全死亡は116例(3.6%)vs 123例(3.8%)であった。
OT解析による二次エンドポイントの脳卒中+全身性塞栓イベント+死亡+急性心筋梗塞は110例(4.2%/年)vs 119例(4.3%/年)(絶対差-0.13[95%CI -1.2-0.98],p=0.84)。虚血性脳卒中+TIA+全身性塞栓は67例(2.6%)vs 52例(1.9%)(絶対差0.66[95%CI -0.14-1.5],p=0.12)。
大出血は両群で同程度であったが,小出血はximelagatran群で少なく(p<0.001),全出血(大出血+小出血)も737例(37%)vs 903例(47%)と少なかった(絶対差-10[95%CI -14--6.0],p<0.001)。

●有害事象
出血以外の有害事象は,両群で同程度であった。
血清ALT値の正常値上限の3倍超の上昇は,ximelagatran群で117例(6.0%)とwarfarin群15例(0.8%)に比し多かった(p<0.001)。大半は治療開始後2-6ヵ月に上昇した後,治療継続/中止のいずれの場合もベースライン値に回復したが,2例の肝疾患死(うち1例は可能性例)が発生した。

文献: Albers GW, et al. and SPORTIF Executive Steering Committee for the SPORTIF V Investigators. Ximelagatran vs warfarin for stroke prevention in patients with nonvalvular atrial fibrillation: a randomized trial. JAMA 2005; 293: 690-8. pubmed
関連トライアル ACE , ACTIVE W CHADS2 score, AFASAK 2 1999, AMADEUS, ARISTOTLE, ARISTOTLE previous stroke/TIA, ARISTOTLE risk score, BAATAF, EAFT 1993, ENGAGE AF-TIMI 48, EXULT A, Hylek EM et al, JAST, JNAF-ESP, NASPEAF, Pengo V et al, Poli D et al, PROTECT AF, RE-LY, RE-LY quality of INR control, ROCKET AF, ROCKET AF post hoc analysis, ROCKET AF renal dysfunction, SIFA, SPAF, SPAF I-III 1999, SPAF II 1994, SPAF II 1996, SPAF III 1996, SPAF III 1998, SPAF III 1998, SPORTIF elderly patients, SPORTIF hypertension, SPORTIF II , SPORTIF III, SPORTIF INR control, SPORTIF pooled analysis, SPORTIF risk of bleeding, THRIVE, THRIVE III, Veterans Affairs Stroke Prevention
in Nonrheumatic Atrial Fibrillation
, warfarinによるNVAF患者の脳卒中予防, WARSS, 新規経口抗凝固薬4剤のwarfarinに対する有効性・安全性, 脳卒中/TIA既往を有する心房細動患者における新規抗凝固薬
関連記事