抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ
WHS Women’s Health Study
結論 健常な女性において,aspirinは心筋梗塞,心血管死のリスクを上昇させることなく脳卒中を抑制したが,非致死的心筋梗塞+非致死的脳卒中+心血管死の複合についてはaspirinの有効性が認められなかった。

目的 45歳以上の女性においてaspirinによる心血管イベントの一次予防効果を検討。一次エンドポイント:非致死的心筋梗塞(MI)+非致死的脳卒中+心血管死の複合。
デザイン ランダム化,プラセボ対照,二重盲検,2×2 factorial,intention-to-treat解析。
セッティング
期間 平均追跡期間は10.1年。試験終了は2004年3月31日。
対象患者 39876例。45歳以上の健常女性。
【除外基準】冠動脈疾患,脳血管疾患,癌(非メラノーマ性皮膚癌を除く),その他の重大な慢性疾患の既往;試験薬に対する副作用;1週間に2回以上aspirinまたは非ステロイド抗炎症薬を服用;抗凝固薬あるいはcorticosteroidを服用;1週間に2回以上ビタミンA,ビタミンE,またはベータカロテンの単一サプリメントを摂取。
【患者背景】平均年齢54.6±7.0歳。
治療法 aspirin 100mg,隔日投与群(19934例;aspirin群)とプラセボ群(19942例)にランダム化。投与開始前,run-in期間として3ヵ月間のプラセボ投与を実施。
追跡完了率 疾病に関する追跡完了率は97.2%,死亡に関する追跡完了率は99.4%。
【脱落理由】表記なし。
結果

●評価項目
一次エンドポイントはaspirin群477例,プラセボ群522例で,aspirin群で9%低下したが,群間有意差は認められなかった(相対リスク0.91,95%CI 0.80-1.03,p=0.13)。
脳卒中は221例 vs 266例でaspirin群で17%有意に低下し(相対リスク0.83,95%CI 0.69-0.99,p=0.04),うち虚血性脳卒中はaspirin群で24%有意に低下(相対リスク0.76,0.63-0.93,p=0.009),出血性脳卒中は有意ではないがaspirin群で増加傾向を示した(相対リスク1.24,95%CI 0.82-1.87,p=0.31)。
MI(致死的+非致死的)の相対リスクは1.02(95%CI 0.84-1.25,p=0.83),心血管死の相対リスクは0.95(95%CI 0.74-1.22,p=0.68)とaspirinによる有効性は認められなかった。
サブ解析:65歳以上についてはaspirin群で一次エンドポイント(p=0.008),虚血性脳卒中(p=0.05),MI(p=0.04)が有意に抑制された。

●有害事象
輸血を要する胃腸出血はaspirin群127例(0.6%),プラセボ群91例(0.5%)に認められ,相対リスク 1.40(1.07-1.83,p=0.02)とaspirin群で有意に高かった。また全胃腸管出血(4.6% vs 3.8%,p<0.001),消化性潰瘍(2.7% vs 2.1%,p<0.001),血尿(15.2% vs 14.4%,p=0.02),易傷性(53.0% vs 42.6%,p<0.001),鼻血(19.1% vs 16.7%,p<0.001),胃の不調(59.5% vs 59.7%,p=0.59)が認められ,いずれもaspirin群で有意に高かった(急性胃腸障害を除く)。

文献: Ridker PM, et al. A randomized trial of low-dose aspirin in the primary prevention of cardiovascular disease in women. N Engl J Med 2005; 352: 1293-304. pubmed
関連トライアル 3T/2R, AAA, AAASPS 2003, ACTIVE A, APPRAISE-2, ASPIRE, aspirinの一次および二次予防効果(ATT), aspirinの糖尿病患者心血管イベント一次予防効果, Canadian Cooperative Study 1978, CAPRIE 2000, CAST, CHARISMA, CLARITY-TIMI 28, COGENT, CREDO, CURE, Dutch-TIA Trial, ECLAP, Garcia Rodriguez LA et al (BMJ), HOT post-hoc subgroup analysis, JPAD, MSPIRG, PHS, Physicians' Health Study 1991, Physicians' Health Study 1997, POISE-2, PRISM, PRISM-PLUS 1998, PURSUIT 1998, REAL-LATE / ZEST-LATE, Steno-2 study, TASS 1989, TIM, TPT, TRA 2P-TIMI 50, TRA 2P-TIMI 50 previous myocardial infarction, TRA 2P-TIMI 50 prior ischemic stroke, Turpie AG et al 1993, WARCEF, WARSS, WASID, WAVE, 安定循環器疾患に対する低用量aspirin
関連記事