抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ
MATCH Management of Atherothrombosis with Clopidogrel in High-risk Patients
結論 虚血性脳卒中あるいは一過性脳虚血発作(TIA)を最近発症し,clopidogrelで治療中の高リスク患者に対するaspirinの追加投与は,主要な血管イベントを有意ではないが低下させる。しかし,aspirin併用により生命に危険を及ぼす,あるいは重篤な出血が増加する。

目的 虚血性脳卒中あるいはTIA発症後の高リスク患者において,抗血小板薬clopidogrelとaspirinの併用が虚血性血管イベント再発を抑制するかを検討。一次エンドポイント:虚血性脳卒中+心筋梗塞(MI)+血管死(失血死など)+急性虚血性イベント(不安定狭心症,治療を要する末梢血管疾患の増悪,緊急血行再建術,TIAなど)による再入院。
デザイン ランダム化,プラセボ対照,二重盲検, intention-to-treat解析。
セッティング 多施設(507施設)。28ヵ国。
期間 登録期間は2000年12月-2002年4月。追跡期間は18ヵ月。追跡完了は2003年10月。
対象患者 7599例。40歳以上で過去3ヵ月以内に虚血性脳卒中あるいはTIA発症歴があり,過去3年以内に次のリスク因子を1つ以上有する患者:虚血性脳卒中,MI,狭心症,糖尿病,症候性末梢血管疾患。虚血性脳卒中はTOAST(Trial of Org 10172 in Acute Stroke)分類によるものとした。
【除外基準】重度の合併症,出血リスクが高い,大手術あるいは血管手術の予定など。
【患者背景】平均年齢はaspirin+clopidogrel群66.5±9.9歳,clopidogrel単独群66.1±9.9歳。
治療法 aspirin 75mg/日+clopidogrel 75mg/日投与群(3797例;aspirin+clopidogrel群)とclopidogrel 75mg/日投与群(3802例;clopidogrel単独群)にランダム化。投与期間は18ヵ月間。
追跡完了率 追跡完了率は96%(aspirin+clopidogrel群3621例,clopidogrel単独群3655例)。
【脱落理由】エンドポイントおよび有害事象以外の理由による投薬の中止,行方不明。
結果

●評価項目
一次エンドポイントはaspirin+clopidogrel群596例(15.7%)vs clopidogrel単独群636例(16.7%)で両群間に有意差はなし(相対リスク減少6.4%[95%CI -4.6-16.3],絶対リスク減少1.0%[95%CI -0.6-2.7],p=0.244)。
全死亡(201例 vs 201例)に有意差はなかった。

●有害事象
出血性合併症はaspirin+clopidogrel群でclopidogrel単独群に比し有意に多く,生命に危険を及ぼす出血*は96例 vs 49例(絶対リスク上昇1.3%,95%CI 0.6-1.9,p<0.0001),重篤な出血**は73例 vs 22例(絶対リスク上昇1.4%,95%CI 0.9-1.9,p<0.0001)であった。致死的出血(16例 vs 11例)に有意差はなかった。
*:すべての致死的出血イベント,≧50g/Lのヘモグロビン低下,出血性ショック,症候性の頭蓋内出血,赤血球≧4単位の輸血(あるいは同等量の全血輸血)。
**:重大な機能障害,著しい視力喪失につながる眼内出血,赤血球≦3単位の輸血(あるいは同等量の全血輸血)。

文献: Diener HC, et al., MATCH investigators Aspirin and clopidogrel compared with clopidogrel alone after recent ischaemic stroke or transient ischaemic attack in high-risk patients (MATCH): randomised, double-blind, placebo-controlled trial. Lancet 2004; 364: 331-7. pubmed
関連トライアル AAASPS 2003, ACTIVE A, ACTIVE W, ACTIVE W CHADS2 score, ATLAS ACS-TIMI 46 , CAPRIE 1996, CAPRIE 1999, CAPRIE 2000, CARESS, CASISP, CASPAR , CAST, CAST-IST, CHANCE, CHARISMA, CHARISMA atrial fibrillation, CHARISMA bleeding complications, CHARISMA post hoc analysis, CHARISMA secondary analysis, CHARISMA stroke severity, CHARISMA subgroup analysis, CLASSICS, COMMIT, COMPASS, CREDO, CURE, Dutch-TIA Trial, EAFT 1993, EARLY, ESPRIT , ESPS-2 1996, EXPRESS risk of bleeding, FASTER, IST 1997, PCI-CLARITY, PCI-CURE, Physicians' Health Study 1991, PLATO, PLATO invasive strategy, PRoFESS, SITS-ISTR antiplatelet therapy, Sørensen R et al, SPS3, SPS3 post hoc analysis, SYMPHONY, TASS 1993, TPT, TRITON-TIMI 38 PCI, 急性脳梗塞/TIA患者への抗血小板療法:2剤併用療法と単剤療法の比較, 血管疾患患者に対する抗血小板療法
関連記事