抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ
Hylek EM et al Effect of intensity of oral anticoagulation on stroke severity and mortality in atrial fibrillation
結論 国際標準比(INR)2.0以上の抗凝固薬warfarinにより,非弁膜症性心房細動患者における虚血性脳卒中の重症度および脳卒中による短期死亡率が低下した。

目的 非弁膜症性心房細動患者において,抗凝固薬の強度が虚血性脳卒中の重症度および脳卒中後30日間の死亡率に及ぼす影響を検討。
デザイン コホート研究。
セッティング 単施設。アメリカ。
期間
対象患者 596例。1996年7月1日-1997年12月31日に非弁膜症性心房細動を発症した13559例のコホートにおいて虚血性脳卒中を発症した患者。
【除外基準】僧帽弁狭窄または心臓弁の治療/置換の診断;周術期の一過性心房細動;最近発症した甲状腺機能亢進症。
【患者背景】平均年齢はwarfarin群76歳(範囲54-94歳),aspirin群80歳(範囲53-98歳),非aspirin/warfarin群79歳(範囲50-98歳)。
治療法 虚血性脳卒中発症時/入院時にINR≧2.0または<2.0にてwarfarin治療を行っていた症例(71例;warfarin[INR≧2.0]群,117例;warfarin[INR<2.0]群),aspirin治療を行っていた症例(160例;aspirin群),warfarin/aspirinによる治療を行っていなかった症例(248例;非aspirin/warfarin群)について比較。
追跡完了率
結果

●評価項目
各治療群において重度または死亡した脳卒中の割合は,warfarin(INR≧2.0)群5%,warfarin(INR<2.0)群15%,aspirin群13%,非aspirin/warfarin群22%であった。
潜在的な交絡因子を調整した後,比例オッズ・ロジスティック回帰モデルを用いて算出した脳卒中の重症度(重度+比較的重度 vs 軽度,および重度 vs 比較的重度+軽度)のオッズは,warfarin(INR≧2.0)群に比して他のいずれの治療群においても高値であった(warfarin[INR<2.0]群:オッズ比1.9,95%CI 1.1-3.4,p=0.03,aspirin群:オッズ比1.3,95%CI 0.7-2.3,p=0.40,非aspirin/warfarin群:オッズ比2.2,95%CI 1.3-3.8,p=0.004)。
虚血性脳卒中後の30日間の死亡率は,warfarin(INR≧2.0)群6%,warfarin(INR<2.0)群16%(INR1.5-1.9で18%,INR<1.5で15%),aspirin群15%,非aspirin/warfarin群24%であった。Cox比例ハザードモデルを用いて算出した30日後死亡率のハザード比はwarfarin(INR≧2.0)群に比して他のいずれの治療群においても高値であった(warfarin[INR<2.0]群:ハザード比3.4,95%CI 1.1-10.1,p=0.03,aspirin群:ハザード比2.5,95%CI 0.9-7.4,p=0.09,非aspirin/warfarin群:ハザード比4.9,95%CI 1.8-13.7,p=0.003)。
INR別の解析では,INR≦2.0,特に<1.5で虚血性脳卒中が増加,≧4.0で頭蓋内出血の増加が認められた。

●有害事象
表記なし。

文献: Hylek EM, et al. Effect of intensity of oral anticoagulation on stroke severity and mortality in atrial fibrillation. N Engl J Med 2003; 349: 1019-26. pubmed
関連トライアル ACTIVE W, AFASAK 2 1999, ARISTOTLE, ARISTOTLE time in therapeutic range, ATRIA on and off anticoagulants, AVERROES, AVERROES bleeding, BAATAF, BAFTA, Danish Stroke Registry, De Marchis GM et al, EAFT 1995, Fukuoka Stroke Registry, GWTG-Stroke Registry risk of sICH, Hansen ML et al, ISAM, J-RHYTHM Registry anticoagulation, J-RHYTHM Registry warfarin use, JNAF-ESP, Majeed A et al, North Dublin Population Stroke Study, Olesen JB et al, Pearce LA et al, PREVENT 2003, RE-LY Asian subgroup, RE-LY intracranial hemorrhage, RE-LY quality of INR control, ROCKET AF, ROCKET AF post hoc analysis, SPAF I-III 1999, SPAF I-III 2000, SPAF II 1996, SPAF III 1996, SPAF III 1998, SPORTIF INR control, SPORTIF risk of bleeding, SPORTIF V, Swedish Atrial Fibrillation Cohort Study: net benefit, THINRS effect of home testing, Turpie AG et al 1993, Veterans Affairs Stroke Prevention
in Nonrheumatic Atrial Fibrillation
, warfarinによるNVAF患者の脳卒中予防, WARSS, WASID
関連記事