抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ
JNAF-ESP Japanese Nonvalvular Atrial Fibrillation-Embolism Secondary Prevention Cooperative Study
結論 非弁膜症性心房細動(NVAF)患者の脳卒中二次予防において,特に高齢者では,標準的強度のwarfarin(INR 2.2-3.5)よりも低強度(INR 1.5-2.1)のほうがより安全である可能性が示された。

目的 非弁膜症性心房細動(NVAF)患者において,warfarinの標準的強度と低強度による脳卒中・一過性脳虚血発作(TIA)の二次予防効果および安全性を比較検討。
一次エンドポイント:脳梗塞,脳以外における塞栓症,TIA,一過性黒内障,CTまたはMRI所見で確認された無症候性脳梗塞。二次エンドポイント:脳出血,網膜出血,その他の致死性の出血性合併症。
デザイン ランダム化,オープン。
セッティング 多施設(19施設)。日本。
期間 追跡期間は2年以上,あるいはエンドポイント到達まで。
登録期間は1994年4月~1998年1月。
対象患者 115例(男性83例,女性32例)。年齢80歳未満(平均66.7±6.5歳)。登録前1~6ヵ月にNVAFに起因する心原性塞栓症またはTIAを発症,もしくはその疑いのある患者。
【除外基準】心腔内血栓,左心室動脈瘤,重度のうっ血性心不全(NYHA分類Class IV),感染性心内膜炎,過去1ヵ月以内の心筋梗塞既往,過去1年以内のCABG施行歴,過去3ヵ月以内のPTCA施行歴,拡張型心筋症,僧帽弁逸脱症,洞不全症候群,甲状腺機能亢進症,重度の肝・腎疾患など。
治療法 標準的強度warfarin投与群(55例)と低強度warfarin投与群(60例)にランダム化。
標準的強度群ではINR 2.2-3.5(目標値2.5),低強度群ではINR 1.5-2.1(1.9)を維持するため,プロトロンビン時間を月1回以上測定。抗血小板薬の併用投与は実施せず。
追跡完了率 投与中止例は11例(9.6%)。
【脱落理由】転居(8例),軽度の出血性合併症(2例),自殺(1例)。
結果

●評価項目
658±423日の追跡期間中,標準的強度群で重大な出血性合併症が6例発生した[いずれも高齢者(平均73.7±3.7歳)であり,合併症発症前の平均INRは2.8]。その年間発生率は標準的強度群6.6%/年(95%CI 1.4~11.9%),低強度群0%/年と標準的強度群で有意に高かったため(p=0.0103,Fisher's exact test),試験は1998年3月に早期中止された。
重大な出血性合併症の内訳は,消化管出血3例,喀血,転倒事故による大量皮下出血,小脳出血が各1例であった。
脳梗塞の年間発症率は,標準的強度群1.1%/年(95%CI 1.1~3.3),低強度群1.7%/年(0.8~4.2)と全体的に低く,また両群間に有意差は認められなかった(p=NS)。

●有害事象
「評価項目」に表記あり。

文献: Yamaguchi T for Japanese Nonvalvular Atrial Fibrillation-Embolism Secondary Prevention Cooperative Study Group. Optimal intensity of warfarin therapy for secondary prevention of stroke in patients with nonvalvular atrial fibrillation : a multicenter, prospective, randomized trial. Stroke 2000; 31: 817-21. pubmed
関連トライアル ACTION, AFASAK 2 1999, AMADEUS, ARISTOTLE, ARISTOTLE previous stroke/TIA, ARISTOTLE risk score, BAATAF, Crowther MA et al, EAFT 1995, ELATE, ENGAGE AF-TIMI 48, Hylek EM et al, J-RHYTHM target INR values, J-ROCKET AF, JAST, NASPEAF, North Dublin Population Stroke Study, Pearce LA et al, Pengo V et al, Poli D et al, PREVENT 2003, PROTECT AF, RE-LY, RE-LY Japanese population, RE-LY previous TIA or stroke, RE-LY quality of INR control, RE-LY risk of bleeding, ROCKET AF, ROCKET AF previous stroke/TIA, ROCKET AF renal dysfunction, SIFA, SPAF, SPAF I-III 1999, SPAF II 1996, SPAF III 1996, SPAF III 1998, SPIRIT, SPORTIF elderly patients, SPORTIF II , SPORTIF III, SPORTIF INR control, SPORTIF pooled analysis, SPORTIF risk of bleeding, SPORTIF V, Torn M et al, Veterans Affairs Stroke Prevention
in Nonrheumatic Atrial Fibrillation
, WAPS, warfarinによるNVAF患者の脳卒中予防, WARSS, WASID
関連記事