抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ
ISIS-2 Second International Study of Infarct Survival
結論 急性心筋梗塞(AMI)患者において,早期のstreptokinase(SK),aspirin投与は血管死と全死亡の抑制に有効かつ安全であり,両薬剤の併用ではさらなる効果が認められた。

目的 急性心筋梗塞(AMI)が疑われる患者において,血栓溶解薬streptokinase(SK)および抗血小板薬aspirinの早期投与による単独,併用療法の効果を比較検討。
デザイン ランダム化,プラセボ対照,二重盲検,2×2 factorial,intention-to-treat解析。
セッティング 多施設(16ヵ国,417病院)。
オーストラリア,オーストリア,ベルギー,カナダ,デンマーク,フィンランド,フランス,ドイツ,アイルランド,イタリア,ノルウェー,スペイン,スウェーデン,スイス,イギリス,アメリカ。
期間 追跡期間は平均15ヵ月(最大34ヵ月)。
ランダム化の期間は1985年3月~1987年12月。1988年1月追跡終了。
対象患者 17,187例。AMI発症が疑われてから24時間以内(中央値5時間)。
【除外基準】絶対禁忌は,脳卒中,消化管出血または消化性潰瘍の既往。相対禁忌は,最近の動脈穿刺,重症な外傷,重症高血圧症,SKおよびaspirinへのアレルギー,心臓死の低リスク,その他生命に危険のある疾患を有する患者。
治療法 SK 150万U(1時間静注)投与群(4,300例),aspirin腸溶錠160mg/日(1ヵ月継続)投与群(4,295例),SK+aspirin併用投与群(4,292例),プラセボ群(4,300例)にランダム化。
追跡完了率 退院時の追跡完了率は99%,5週間後では97%,1988年1月までは96%。
【脱落理由】表記なし。
結果

●評価項目
SK投与群(8,592例)vs 非SK投与群(8,595例),aspirin投与群(8,587例)vs 非aspirin投与群(8,600例),SK+aspirin投与群(4,292例)vs プラセボ群(4,300例)で比較検討。
治療開始後5週間の血管死は,SK投与群とaspirin投与群で有意に減少した: SK投与群9.2%(791例),非SK投与群12.0%(1,029例)で25%減少(95%CI 18-32%:2p<0.00001),aspirin投与群9.4%(804例),非aspirin投与群11.8%(1,016例)で23%減少(95%CI 15-30%,2p<0.00001)。併用群8.0%(343例),プラセボ群13.2%(568例)ではオッズ比42%(95%CI 34-50%,2p<0.00001)低下。また,併用群は,両薬剤単独群に比し有意に血管死を抑制した(2p<0.0001)。
発症から治療開始までの時間でみた血管死に対する効果をオッズ比でみると,SK単独群:0~4時間のオッズ低下は35%,5~12時間16%,13~24時間21%。aspirin単独群:各25%,21%,21%。併用群:各53%,32%,38%の低下がみられ,時間が長い場合にも効果を認めた。

●有害事象
SK投与群では軽度,または重度(輸血を要する)の出血(2p<0.001),および脳内出血(2p<0.02)の発現率が高かったが,脳卒中発症率は低かった。aspirin投与群では軽度および重度の出血,脳内出血はプラセボと有意差はみられず,非致死性再梗塞(2p<0.00001),非致死性脳卒中(2p<0.01)が有意に減少した。SK+aspirin併用群ではプラセボ群に比し,再梗塞,脳卒中(2p=0.02)および死亡が有意に抑制された。

文献: [main] ISIS-2 (Second International Study of Infarct Survival) Collaborative Group. Randomised trial of intravenous streptokinase, oral aspirin, both, or neither among 17,187 cases of suspected acute myocardial infarction: ISIS-2. Lancet 1988; 2: 349-60. pubmed
関連トライアル ACCSG 1985, AIMS 1988, AIMS 1990, Anderson JL et al 1984, ARIS, BDT, CAST, CATS, COMMIT, DUCCS 1, Elwood PC et al 1979, Elwood PC et al 1979, EMERAS, ESPRIT 2006, FRISC, GISSI-1 1986, GISSI-2 1990, GISSI-2 and the International Study, GUSTO-I 1993, I.S.A.M. Study, ISIS-2 10 year survival, ISIS-3, ISIS-pilot, IST 1997, LATE 1993, MAST-I, Melandri G et al 1990, Meyer JS et al, PARIS-II, Physicians' Health Study 1990, Ribeiro EE et al, Rogers WJ et al, SAPAT, SCATI, Théroux P et al 1988, TPT, VA Cooperative Study 1989, Verheugt FWA et al
関連記事