抗血栓トライアルデータベース
抗血栓トライアルデータベース
home
主要学会情報
テキストサイズ 
第82回日本循環器学会学術集会(JCS 2018)2018年3月23〜25日,大阪
日本人の急性期PEおよびDVT患者におけるリバーロキサバンの安全性および有効性-特定使用成績調査XASSENT study中間集計より
2018.4.18
印刷用PDF
JCS 2018取材班
平山篤志氏
平山篤志氏

リアルワールドの日本人肺血栓塞栓症(PE)および深部静脈血栓症(DVT)患者に対するリバーロキサバンの投与について,現時点で安全性に関する新たな懸念はみられず-3月23日,第82回日本循環器学会学術集会にて,平山篤志氏(日本大学内科学系循環器内科学分野主任教授)が発表した。

●背景・目的

わが国では静脈血栓塞栓症(VTE)発症数は比較的少ないとされていたが,高齢化や食生活の欧米化などにともない,その数は増加している。これまで,VTEの急性期治療にはヘパリンとワルファリンの併用療法が行われてきたが,国外第Ⅲ相試験EINSTEIN1, 2)ならびに国内第III相試験J-EINSTEIN3)においてリバーロキサバンによる有効性および安全性が示されたことで,発症初期からの同剤単剤による治療が可能となった。

現在,わが国のリアルワールドにおけるリバーロキサバンのVTE治療および再発抑制の安全性および有効性を評価することを目的として,特定使用成績調査Xarelto Post-Authorization Safety & Effectiveness Study in Japanese Patients with Pulmonary Embolism and/or Deep Vein Thrombosis(XASSENT)が行われている。今回は,2015年9月~2017年9月における中間集計結果が報告された。

●方法・対象

XASSENTは,PEおよびDVTの治療および再発抑制を目的として,リバーロキサバンが投与された日本人患者を対象とした。登録期間は2015年9月~2018年3月,調査期間は2021年3月までの予定で,2017年9月までに2,086例が登録された。調査票収集・データ固定された1,463例のうち,リバーロキサバンの投与が確認できなかった5例を除く1,458例(初期治療導入症例1,219例,維持治療導入症例239例)を安全性解析集団とした。

今回の中間集計では,初期治療導入症例のうち,初期強化療法(30mg/日)が行われた1,002例の患者背景ならびに有害事象発現状況(出血,VTE再発)を検討した。

●結果

1. 患者背景

1,002例の平均年齢は65.4歳,75歳以上の高齢者は31.9%,50kg以下の低体重は19.2%であった。国内第III相試験J-EINSTEINおよび国外第III相試験EINSTEINの患者背景と比較すると,わが国で行われたXASSENTとJ-EINSTEINでは国外で行われたEINSTEINにくらべ,高リスク例が多く占めていた。

病態別では,PE(DVT合併例を含む)が54.8%,DVT単独が45.1%と,J-EINSTEINやEINSTEINと同様であった。しかし,XASSENTでは3ヵ月以内の不動(XASSENT 20.1%,J-EINSTEIN 14.5%,EINSTEIN 15.6%)や活動性悪性腫瘍(それぞれ15.2%,5.5%,5.6%)の割合が高かった。

なお,わが国におけるVTE治療および再発抑制のためのリバーロキサバンの投与レジメンは,最初の21日間は15mgを1日2回,それ以降は同量を1日1回投与となっている。XASSENTでは21~22日間の投与がもっとも多かったが,一方でそれより短期間の症例もみられた。

2. 出血性副作用とVTE再発

初期強化療法が行われた1,002例の期間中における全出血は7.0%,大出血3.0%,頭蓋内出血0.7%であった。1,002例中784例がリバーロキサバン1日1回投与による維持療法に移行した(平均投与期間は,初期強化療法:25.7±32.6日,維持療法:107.2±104.7日)。

治療時期別にみると,全出血は初期強化療法期3.6%,維持療法期4.6%,大出血はそれぞれ1.2%,2.2%であった。なお,大出血発現例の背景の特徴として,活動性悪性腫瘍,手術・侵襲的治療施行,抗血小板薬やステロイドの併用など,出血リスクを保有する症例での発現が多く認められた。

また,出血高リスク集団である高齢(≧75歳),腎機能低下(クレアチニンクリアランス<50mL/分),低体重(≦50kg)でも検討したところ,いずれも全体とくらべ発現率にそれほど差はなかった。

治療時期別のVTE再発率は,DVT単独例では初期強化療法期0.3%,維持療法期0.5%,PTE単独例ではそれぞれ0%,0.1%,DVT+PTE合併例ではともに0%であった。

3. 活動性悪性腫瘍患者における出血性副作用とVTE再発

初期強化療法が行われた1,002例中,152例が活動性悪性腫瘍患者であった。癌種は肺癌が19.1%ともっとも多く,大腸癌17.1%,卵巣癌11.2%と続いた。

全出血は活動性悪性腫瘍患者11.2%,非癌患者6.2%,大出血発現率はそれぞれ3.9%,2.8%であり,活動性悪性腫瘍患者で高い傾向がみられた。一方,VTE再発率はそれぞれ0.7%,0.8%であり,同程度であった。

●結論

今回の中間解析からは,リアルワールドのVTE患者におけるリバーロキサバン投与について,新たな安全性の懸念はみられなかった。添付文書にしたがい,出血リスクの高い患者に対しては,十分に注意を払いながら投与することが重要である。

文献

  • Bauersachs R et al. EINSTEIN Investigators. Oral rivaroxaban for symptomatic venous thromboembolism. N Engl J Med. 2010; 363: 2499-510.
  • Büller HR et al. EINSTEIN Investigators. Oral rivaroxaban for the treatment of symptomatic pulmonary embolism. N Engl J Med. 2012; 366: 1287-97.
  • Yamada N et al. Oral rivaroxaban for Japanese patients with symptomatic venous thromboembolism - the J-EINSTEIN DVT and PE program. Thromb J. 2015; 13: 2.


▲TOP
抗血栓療法トライアルデータベース