抗血栓トライアルデータベース
抗血栓トライアルデータベース
home
主要学会情報
テキストサイズ 
日本心臓病学会(JCC 2016)2016年9月23~25日,東京
PE/DVTに対するDOACの血栓消失効果
2016.10.14(12.20修正)
印刷用PDF
JCC 2016取材班
中村 伸一氏
中村 伸一氏

PE/DVTの血栓消失において,リバーロキサバンの3週間強化療法は有効-9月24日,第64回日本心臓病学会学術集会(JCC 2016)にて,中村伸一氏(JCHO人吉医療センター循環器内科)が発表した。

●背景・目的

肺血栓塞栓症(PE)および深部静脈血栓症(DVT)の治療にはこれまで,ヘパリンやワルファリンが用いられてきた。ただし,ワルファリンは効果発現に時間を要するとともに,内因性凝固阻害因子であるプロテインSやプロテインCの産生を抑制することから,導入直後は過凝固状態となる。そのため,効果が治療域に達するまでヘパリンの併用が必要となる1)。しかし,JAVA studyによれば,未分画ヘパリンが投与されたVTE患者のうち,37.6%は治療域未満(活性化部分トロンボプラスチン時間:APTT<1.5倍)であったと報告されている2)。このように,ワルファリンとヘパリンによる従来療法には,課題が多かった。

近年,それらの課題を解決し得る直接作用型経口抗凝固薬(DOAC)が使用可能となった。そこで,PE/DVTに対するDOACの有効性の検討を行った。

●対象・方法

対象は,当科でPE/DVT に対し,NOAC を投与した連続症例。DOAC の適応承認時期が異なることから,2015年4~9月はエドキサバン投与を開始した連続10例とした。リバーロキサバンの適応承認後の2015年10月~2016年1月は,リバーロキサバン投与を開始した連続10 例とした。

それぞれのDOAC について,患者背景の特徴や血栓退縮効果を評価した。

●結果

1. エドキサバン

エドキサバン群は平均年齢64.8歳,男性2/10例,病型はPE 2例,遠位部DVT3例,近位部DVT 5例であり,近位部DVTでは全例に下大静脈フィルター留置を行った。

PE患者1/2例,遠位部DVT患者2/3例で血栓の消失を認めた。近位部 DVT患者では2/5例で血栓が消失したものの,消失までに3~6ヵ月を要した。エドキサバン群における血栓消失率は50%であった。

2. リバーロキサバン

リバーロキサバン群は平均年齢69.4歳,男性5/10例,病型はPE+遠位部DVT合併4例,PE+近位部DVT合併3例,遠位部DVT 2例,近位部DVT 1例であった。近位部DVTを認めた患者では,全例に下大静脈フィルター留置を行った。

近位部DVT患者の1例では血栓退縮のみで消失はしなかったが,それ以外の全例で血栓消失を認めた。リバーロキサバン群における血栓消失率は90%で,退縮も含めると全例で改善が認められた。

リバーロキサバンが著効した1例を示す。症例は69歳男性で,体重58kg,PE+近位部 DVT合併例であった。下大静脈フィルター留置後に未分画ヘパリンを48時間投与し,ヘパリン中止後にエドキサバン 30mg 1日1回投与を開始した。3週間後にDダイマーは9.3μg/mLから5.1μg/mLに低下したものの,左下腿浮腫は変わらず,連日鎮痛剤を必要とした。そこで,リバーロキサバン 15mg 1日2回投与に変更したところ,腫脹は10日後に軽減し始め,痛みもなくなった。投与3週間後にはDダイマーは2.6μg/mLとさらに低下し,左下腿浮腫はほぼ改善した。その後,リバーロキサバン 15mg 1日1回4週間投与後には,Dダイマーは0.6μg/mLとなり,血栓も消失したため,下大静脈フィルターを抜去した。

なお,出血性合併症はすべての症例で認めなかった。

●結論

PE/DVTの血栓消失において,リバーロキサバンの3週間強化療法は有効である。

文献

  • Azoulay L, et al. Initiation of warfarin in patients with atrial fibrillation: early effects on ischaemic strokes. Eur Heart J 2014; 35: 1881-7.
  • Nakamura M, et al. Current venous thromboembolism management and outcomes in Japan. Circ J 2014; 78 : 708-17.


▲TOP
抗血栓療法トライアルデータベース