抗血栓トライアルデータベース
抗血栓トライアルデータベース
home
主要学会情報
テキストサイズ 
第79回日本循環器学会学術集会(JCS 2015)2015年4月24〜26日,大阪
心房細動患者に対するアブレーション周術期のNOAC継続投与の安全性および有効性
2015.5.22
印刷用PDF
谷友之氏
谷友之氏

心房細動患者に対するアブレーション周術期の非ビタミンK拮抗経口抗凝固薬(NOAC)継続投与は,ワルファリン継続投与と同等の安全性と有効性を有する。4月26日,第79回日本循環器学会学術集会(JCS 2015)にて,谷友之氏(湘南鎌倉総合病院循環器科,現・札幌東徳洲会病院循環器内科)が発表した。

●背景・目的

心房細動患者に対するカテーテルアブレーション(以降,アブレーションと略す)施行周術期において,ワルファリンを継続投与しても,血栓塞栓性合併症や出血は少ないことが報告されている1)。しかし,NOAC継続投与の安全性や有効性に関するエビデンスはまだ少ない。本研究では,アブレーション施行患者を後ろ向きに検討し,周術期(4週間)におけるNOAC継続投与の有効性および安全性をワルファリンと比較した。

●対象・方法

対象は,2011年6月~2014年12月に湘南鎌倉総合病院にてアブレーションを施行した心房細動患者連続563例である。薬剤の内訳はワルファリン217例,ダビガトラン129例,リバーロキサバン217例であった。全例において,術前3週間以上および術後3ヵ月以上の抗凝固療法を実施し,術前には経食道心エコー(TEE)で心内血栓がないことを確認した。アブレーション施行時はヘパリンを活性化凝固時間(ACT)300~400秒となるよう投与した。

●結果

1. 患者背景

平均年齢はワルファリン群65.5歳,ダビガトラン群64.3歳,リバーロキサバン群64.5歳,男性はそれぞれ72.4%,72.1%,70.5%であった。各群の患者背景を比べると,ダビガトラン群では脳卒中/一過性脳虚血発作(TIA)既往が多く(ワルファリン群8.8%,ダビガトラン群16.3%,リバーロキサバン群3.2%),リバーロキサバン群では抗血小板薬併用(それぞれ15.7%,12.4%,7.4%)が少なかった。平均プロトロンビン時間国際標準比(PT-INR)は,ワルファリン群で2.11,ダビガトラン群,リバーロキサバン群ではいずれも1.17であった。また,リバーロキサバン群ではCHADS2スコア1点の患者が多かった(1点:33.6%,38.0%,43.3%,≧2点:33.6%,31.0%,22.6%)。

2. 合併症

すべての群で死亡はみられなかった。血栓塞栓症の発症はワルファリン群2例(0.9%),ダビガトラン群0例,リバーロキサバン群0例であったが,群間差は認めなかった。 全出血はワルファリン群17例(7.8%),ダビガトラン群7例(5.4%),リバーロキサバン群16例(7.4%)で,群間差は認められなかった。大出血(消化管出血,頭蓋内出血,輸血を要した出血,心タンポナーデ)はワルファリン群5例(2.3%),ダビガトラン群1例(0.8%),リバーロキサバン群2例(0.9%)であった。

●結論

本研究におけるNOACによる大出血の発現頻度は低く,血栓塞栓性合併症の発症は認めなかった。合併症の頻度は他の報告2~4)と同様であった。本結果より,アブレーション周術期におけるNOAC継続投与の有効性と安全性は,ワルファリン継続投与と同程度であることが示された。

文献

  • Lakkireddy D, et al. Feasibility and safety of dabigatran versus warfarin for periprocedural anticoagulation in patients undergoing radiofrequency ablation for atrial fibrillation: results from a multicenter prospective registry. J Am Coll Cardiol 2012; 59: 1168-74.
  • Maddox W, et al. Dabigatran versus warfarin therapy for uninterrupted oral anticoagulation during atrial fibrillation ablation. J Cardiovasc Electrophysiol 2013; 24: 861-5.
  • Lakkireddy D, et al. Feasibility and safety of uninterrupted rivaroxaban for periprocedural anticoagulation in patients undergoing radiofrequency ablation for atrial fibrillation: results from a multicenter prospective registry. J Am Coll Cardiol 2014; 63: 982-8.
  • Nagao T, et al. Efficacy and safety of apixaban in the patients undergoing the ablation of atrial fibrillation. Pacing Clin Electrophysiol. 2015; 38: 155-63.


▲TOP
抗血栓療法トライアルデータベース