抗血栓トライアルデータベース
抗血栓トライアルデータベース
home
主要学会情報
テキストサイズ 
第39回日本脳卒中学会総会(STROKE 2014)2014年3月13〜15日,大阪
リバーロキサバン経管投与の有用性に関する検討
2014.4.11
印刷用PDF
脇坂佳世氏
脇坂佳世氏

 嚥下障害合併例において脳梗塞の再発,大出血ともみられず,リバーロキサバンの経管投与の有用性が示唆-3月15日,第39回日本脳卒中学会総会にて,脇坂佳世氏(九州医療センター脳血管内科・神経内科)が発表した。

●背景

 脳梗塞患者では再発予防のための抗血栓療法が必要とされるが,嚥下障害の合併により薬剤の経口投与が困難となり,経管投与が必要となる症例は少なくない。米国ではリバーロキサバンの添付文書において,錠剤が嚥下できない場合のオプションとして,経管投与に関する方法が記載されている。しかし,この記載の根拠は薬物動態の比較結果にもとづくものであり,実際の使用例での十分な検討は行われていない。

 そこで今回,非弁膜症性心房細動(NVAF)にともなう脳梗塞の入院患者を対象に,リバーロキサバン経管投与の有効性および安全性について検討した。

●対象・方法

 対象は,2012年8月~2013年10月に入院したNVAFを有する脳梗塞患者のうち,脳梗塞二次予防のためにリバーロキサバンを経管投与した6例である。投与後のプロトロンビン時間国際標準比(PT-INR)のトラフ値,ピーク値(投与2時間後),入院期間中の脳梗塞再発および大出血発現の有無を検討した。

●結果

 対象患者の年齢中央値は84.5歳,男性3例,平均血圧は122.5/69.75mmHgであった。

 リバーロキサバン投与量は15mg/日が2例,10mg/日が4例で,脳梗塞発症の3~91日後に開始した。PT-INRの測定はネオプラチンR(ISI 0.93)を用い,トラフ値は1.08~1.29,ピーク値は1.13~3.2(測定は3例)であった。リバーロキサバン投与後のPT-INRがトラフ値の1.29からピーク値3.2を示した症例は,左半身不全麻痺を主訴に紹介搬送された83歳の男性で,搬送時のNIHSSは18,発症から12日目に10mgの投与を開始した。この症例を含む全例において,粉砕投与期間中(平均15.7日)に脳梗塞再発および大出血は認められなかった。1例で血小板減少がみられたため,リバーロキサバンからワルファリンに変更した。

●まとめ

 リバーロキサバンは,日本人のNVAF患者を対象にとしたJ-ROCKET AFから,出血事象についてワルファリンに対する非劣性が証明され,また脳卒中または全身性塞栓症についても,ワルファリンより低値であったことが示されている1)。また,米国の健康成人を対象とした検討では,リバーロキサバンの錠剤の経口投与と粉砕あるいは懸濁液の経管投与における薬物動態には大きな差はなかったことが報告されている2)

 日本においては,リバーロキサバンの簡易懸濁による経管投与は推奨されていないが,日本人のNVAFを有する脳梗塞の急性期患者を対象とした本検討により,リバーロキサバンの経管投与では脳梗塞の再発,大出血ともみられなかったことから,嚥下障害合併例において,経管投与は有用であることが示唆された。

文献

  • Hori M, et al. Rivaroxaban vs. warfarin in Japanese patients with atrial fibrillation-The J-ROCKET AF study-. Circ J 2012; 76: 2104-11.
  • 米国食品医薬品局(FDA)文書.

JCS 2018

AHA 2017

ESC 2017

JCS 2017

STROKE 2017

AHA 2016

JCC 2016

ESC 2016


▲TOP
抗血栓療法トライアルデータベース