抗血栓トライアルデータベース
抗血栓トライアルデータベース
home
主要学会情報
テキストサイズ 
第39回日本脳卒中学会総会(STROKE 2014)2014年3月13〜15日,大阪
急性期脳卒中患者におけるリバーロキサバンの経管投与は安全か?
2014.3.31
印刷用PDF
渡邉雅男氏
渡邉雅男氏

 嚥下障害を合併し,経管投与が必要な脳卒中患者は重症例が多く,退院時の転帰は不良であることが多い。リバーロキサバン経管投与の臨床転帰は,ワルファリン経管投与と差異はみられず-3月13日,第39回日本脳卒中学会総会にて,渡邉雅男氏(順天堂大学医学部附属浦安病院脳神経内科)が発表した。

●背景・目的

 新規経口抗凝固薬は,出血合併症の発現率がワルファリンと同等または低く,効果発現はワルファリンよりも早い。また,先行研究より入院期間を短縮させることも報告されている。一方で,脳卒中患者では嚥下障害を合併している頻度が高く,経口での薬剤内服が困難で,経管投与を必要とする場合が多いが,新規経口抗凝固薬の経管投与に関するデータは少ない。

 そこで今回,2012年6月~2014年2月に入院した発症7日以内の心原性脳塞栓症患者77例を後ろ向きに登録し,リバーロキサバン経管投与の安全性と有効性について,検討を行った。

●結果

 対象患者の抗血栓療法の内訳は,リバーロキサバンが34例(44%),ワルファリンが26例(34%),アピキサバンが6例(8%),ダビガトランが4例(5%),抗血小板薬が2例(3%),抗血栓薬なしが5例(6%)であった。

1.リバーロキサバン投与例における経口投与と経管投与の比較

 まず,リバーロキサバン群34例のうち,経口投与26例と経管投与8例について比較を行った。経管投与例は経口投与例より高齢で(平均:83歳 vs. 74歳,p=0.02),入院時の重症度(National Institute of Health Stroke Scaleスコア:NIHSSスコア)が高く(中央値:22 vs. 2.5,p<0.001),在院日数が長い傾向がみられた(平均:55日 vs. 22日,p=0.067)。それ以外の患者背景に差は認めず,出血性梗塞の頻度も有意差はみられなかった(p=0.26)。

2.リバーロキサバンとワルファリンの比較

 つぎに,リバーロキサバン群(34例)とワルファリン群(26例)を比較すると,リバーロキサバン群のほうが入院時のNIHSSスコアが低かったが(中央値:4 vs. 18.5,p<0.005),退院時のNIHSSスコア(中央値:1.5 vs. 5,p=0.94)を含め,その他の患者背景には差がなかった。

 経管投与はリバーロキサバン群8例(24%)およびワルファリン群16例(62%)に行われていた。入院時のNIHSSスコア(中央値:22 vs. 20,p=1.00)など両群の患者背景に差はなく,退院時転帰良好(modified Rankin Scale:mRS 0~2;0% vs. 13%,p=0.77),出血性梗塞の頻度(p=0.87)にも有意差を認めなかった。

●結語

 経管投与は嚥下障害例に行われることから,経口投与例にくらべ重症であった。ただし,リバーロキサバンの経管投与例の臨床転帰について,ワルファリンの経管投与例との差異はみられなかった。

JCS 2018

AHA 2017

ESC 2017

JCS 2017

STROKE 2017

AHA 2016

JCC 2016

ESC 2016


▲TOP
抗血栓療法トライアルデータベース