抗血栓トライアルデータベース
抗血栓トライアルデータベース
home
主要学会情報
テキストサイズ 
第78回日本循環器学会学術集会(JCS 2014)2014年3月21〜23日,東京
発作性心房細動に対するアブレーション周術期のリバーロキサバン投与:
日本における多施設前向き試験
2014.4.22
印刷用PDF
佐々木毅氏
佐々木毅氏

 カテーテルアブレーションを施行する日本人の非弁膜症性心房細動(NVAF)患者において,周術期におけるリバーロキサバン投与の安全性と妥当性が示唆-3月21日,第78回日本循環器学会学術集会にて,佐々木毅氏(東京医科歯科大学医学部附属病院不整脈センター)が発表した。

●背景

 現在本邦では,カテーテルアブレーション(以下,アブレーション)を施行するNVAF患者に対し,新規経口抗凝固薬の周術期投与が行われている。ただし,その安全性および妥当性はまだ確立されているとはいえない。今回,アブレーションを施行するNVAF患者を対象に,リバーロキサバンによる周術期の抗凝固療法の安全性および妥当性を検証した。

●対象・方法

 対象は,2013年3~12月に東京都および埼玉県の3施設にてアブレーションを予定された発作性NVAF患者74例である。施行前4週間以上にわたってリバーロキサバンを投与し,施行前には経食道心エコー(TEE)を実施した。また,施行中はヘパリンによるブリッジングを行った。リバーロキサバンは施行24時間以内に再開し,3ヵ月以上(平均108±79日)追跡した。

 これらの患者において,リバーロキサバンに起因する有害事象の他,アブレーション施行前,施行1および3ヵ月後のプロトロンビン時間(PT),プロトロンビン時間国際標準比(PT-INR)および活性化部分トロンボプラスチン時間(APTT)について調査した。

●患者背景

 対象患者の平均年齢は62歳,男女は58/16例で,BMIは23.5,高血圧は39.2%,糖尿病は6.8%,脳卒中または一過性脳虚血発作の既往は1.4%,左室収縮不全は2.7%,クレアチニンクリアランス(CCr)は82.9mL/分であった。また,平均CHADS2スコアは0.6,平均CHA2DS2-VAScスコアは1.2,平均HAS-BLEDスコアは1.0であった。

●結果

 試験対象者74例のうち,59例にリバーロキサバン 15mg/日,15例に10mg/日を投与した。アブレーション施行中に投与したヘパリンは平均4,140±1,374単位/時(平均総投与量12,250±3,920単位),平均施行時間は178±54分であった。

 施行前のAPTTは,施行前にくらべ有意に延長した(p=0.039)。PT,PT-INRはやや延長したものの,有意差は認められなかった。血清クレアチニンやCCr,D-ダイマーにも有意差はみられなかった。対象患者における有害事象は,以下の通りであった。

胃癌からの大出血
71歳,男性。 リバーロキサバン15mg/日を131日間投与。CHADS2スコア1,CHA2DS2-VAScスコア2,HAS-BLEDスコア2,体重58kg,PT 12.5秒,CCr 79mL/分,血清クレアチニン0.7mg/dL。

眼球結膜下の小出血
52歳,女性。 リバーロキサバン15mg/日を151日間投与。CHADS2スコア0,CHA2DS2-VAScスコア1,HAS-BLEDスコア0,体重58kg,PT 17.5秒,CCr 97mL/分,血清クレアチニン0.57mg/dL。

肝機能障害
64歳,男性。リバーロキサバン15mg/日を86日間投与。CHADS2スコア0,CHA2DS2-VAScスコア1,HAS-BLEDスコア1,体重60.8kg,PT 15.2秒,CCr 60mL/分,血清クレアチニン1.07mg/dL。

腎機能障害
71歳,男性。 リバーロキサバン10mg/日を54日間投与。CHADS2スコア1,CHA2DS2-VAScスコア2,HAS-BLEDスコア3,体重78kg,PT 12.4秒,CCr 73mL/分,血清クレアチニン1.02mg/dL。

アブレーション(肺静脈隔離術)施行中の心タンポナーデ
67歳,女性。 リバーロキサバン15mg/日を35日間投与。CHADS2スコア0,CHA2DS2-VAScスコア2,HAS-BLEDスコア1,体重50kg,PT 14.1秒,CCr 62mL/分,血清クレアチニン0.7mg/dL。

●まとめ

 胃癌からの出血した1例を除き,本試験参加者でリバーロキサバンに起因する大出血もしくは血栓塞栓イベントはみられなかった。リバーロキサバン投与を中止したのは5例(6.8%)で,上記の胃癌からの大出血のほか,眼球結膜下の小出血,心タンポナーデ,腎・肝機能障害によるものであった。 本試験の結果より,発作性NVAF患者対するアブレーション周術期におけるリバーロキサバンの投与が、本邦において安全かつ妥当であることが示された。

JCS 2018

AHA 2017

ESC 2017

JCS 2017

STROKE 2017

AHA 2016

JCC 2016

ESC 2016


▲TOP
抗血栓療法トライアルデータベース