抗血栓トライアルデータベース
抗血栓トライアルデータベース
home
主要学会情報
テキストサイズ 
第62回日本心臓病学会学術集会(JCC 2014)2014年9月26〜28日,仙台
NVAF患者のDダイマー値に対するリバーロキサバンの影響
2014.10.20
印刷用PDF
荒木勉氏
荒木 勉氏

Dダイマー値を抗凝固状態の指標とした場合,リバーロキサバンは凝固亢進状態にある心房細動患者のD-ダイマー値を有意に低下させ,良好にコントロールされたワルファリンと同程度の抗凝固作用を発揮している可能性が示唆-9月27日,第62回日本心臓病学会学術集会にて,荒木勉氏(石川県済生会金沢病院内科)が発表した。

●背景・目的

Dダイマー値は外来で測定可能な凝固マーカーであり,非弁膜症性心房細動(NVAF)患者の血栓塞栓イベントを予測する指標のひとつとされている1)。ワルファリンはNVAF患者で上昇したDダイマー値を低下させることが報告されているが2),新規経口抗凝固薬(NOAC)とDダイマー値の関連は不明である。われわれは,以前NVAF患者を対象とした観察研究において,アスピリンやワルファリン(プロトロンビン時間国際標準比[PT-INR]1.6未満)投与例に比べ,NOAC投与例ではD-ダイマー値が有意に低いことを報告した3)。そこで,今回リバーロキサバンがNVAF患者のDダイマー値に及ぼす影響について検討した。

●方法

外来通院中のNVAF患者14例(平均年齢70±6歳,男性9例)に対し,リバーロキサバン15mg 1日1回(11例)または10mg 1日1回(3例)を腎機能に応じて投与した。対象患者を新規投与群6例(これまで抗凝固薬を投与されておらず,リバーロキサバンを新規投与)と,切り替え群8例(平均PT-INR 1.7±0.2でコントロールされたワルファリンからリバーロキサバンに変更)に分け,リバーロキサバン投与前および4週間投与後のDダイマー値(ラテックス凝集法)を比較した。

●結果

対象患者の平均年齢は新規投与群72±7歳,切り替え群69±5歳,平均CHADS2スコアはそれぞれ1.5±0.8,2.0±1.5であった。

新規投与群のリバーロキサバン投与前(抗凝固薬無投与時)のDダイマー値は1.02±0.61μg/mLであったが,リバーロキサバン投与により0.42±0.22μg/mLと有意に低下した(p<0.01)。切り替え群のDダイマー値はリバーロキサバン投与前(ワルファリン投与時)が0.26±0.11μg/mL,リバーロキサバンに変更後が0.28±0.20μg/mLで,有意な変動は認められなかった。新規投与群と切り替え群の比較では,リバーロキサバン投与前のD-ダイマー値は新規投与群のほうが切り替え群より有意に高かったが(p<0.01),投与後は両群で有意差を認めなかった。

●結論

抗凝固療法をうけるNVAF患者において,Dダイマー値を抗凝固状態の指標とした場合,リバーロキサバンは凝固亢進状態にあるNVAF患者のD-ダイマー値を有意に低下させ,良好にコントロールされたワルファリンと同程度の抗凝固作用を発揮している可能性が示唆された。

文献

  • Sadanaga T, et al. Evidence that D-dimer levels predict subsequent thromboembolic and cardiovascular events in patients with atrial fibrillation during oral anticoagulant therapy. J Am Coll Cardiol 2010; 55: 2225-31.
  • Lip GY, et al. Increased markers of thrombogenesis in chronic atrial fibrillation: effects of warfarin treatment. Br Heart J 1995; 73: 527-33.
  • Araki T, et al. Comparison of D-dimer levels among non-valvular atrial fibrillation patients receiving aspirin, warfarin, or novel oral anticoagulant therapy. Circ J 2014: 78 (Supplement I); PJ-043 (abstract).


▲TOP
抗血栓療法トライアルデータベース